« 社会と私 | Main | 満員電車の脳内中継 »

2004.06.30

うつ病・旅の仲間

病気になって早1年・・・。脳内分泌物のストーキングとココロの旅が続いておりますわ。
おいらの旅の道連れはこんなかんじ。
役に立ったり立たなかったり。この際だから、ありとあらゆるプロを入れて、徹底的にたたかってやるわーぁあっ!
と思い込んで、今に至る。果たしてこの先はどうなることやら。

【おいら】
出来の悪い発達過程を通り抜け、貧相な精神構造と独りよがりな美学をかついだギリギリ及第の社会人。元々不安定な精神状態が、下方硬直&崩壊しうつ病と診断される。数ヶ月の休職を経て最近シャバに出てきたらしい。

【精神科医】
薬を盛る魔法使いか?オフィシャルな存在なので、社会人としては外せない。私のお医者はビジネスマンのメンタルケアが得意技。ヒーリングミュージックのかかるきれいな病院での診察時間は10分程度。特に何を話すわけでもなく、何を聴いているかも分からない。カルテを覗きたくなることしばしば。
私の場合は、薬がそこそこ効いているからいいが。効き辛い人は信用できまいな。そういえば薬の神経衰弱が始まった頃は、なかなか当たらなくてひどくしんどかった。けど、物理的にも充分弱っていたからドクターショッピングにも行けなかっただけ。
 認定医だと気が付いたときに「入院という手もありますよ」と言われて「措置はいやぁあっ」と狼狽したことは言うまでも無い。

【カウンセラー】
技術もキャリアも所属組織も、完全無欠の静かな戦士・・・。保険効かないからたいそうお高くつくのが玉にキズ。貧乏モードなんで正直しんどい・・・。だけど一番頼りにしてます。必殺技は「聴いてますよ光線」プロってすごいわ。文庫本ほどの厚さになった、カルテは見たいような見たくないような・・・。「何もしてくれない!(怒)」って人がいるのも分かる。
 社会的な認知が低いので、なかなか説明が難しい。怪しまれることも多い。実際怪しいところも多い。

【薬剤師】
やけにフレンドリーな人達。薬が増えると「がんばって!」と禁句をおっしゃり薬が減ると「よかったわねー」と我が事のように喜ぶ。まれに、薬の量に驚いてパニック起こす人もおり・・・。
 案外お医者より相手を理解しているかも。薬の相談から肩こり、天気、スキンケアまで豊富な話題も魅力的・・・(^^; 

【鍼灸師】
聴いているのか聴いてないのかは考えるだけで無駄なこと。
森羅万象4000年の歴史、当たるも八卦当たらぬも八卦、つーか全然効いてないんだけど!!

【ぽよぢ】
不思議な生き物。ひどくマイペースに応援してくれる【おいら】最大の味方。依存はさせてくれないが、安全な場所を提供してくれるありがたーい存在。時々プチハッピーを運んでくる。
散らかし魔、いびき魔。

【こぶた4匹】
愛くるしいこぶた。ふかふかでぽむぽむ。抱きしめてお布団に入れば、1匹当たり2時間の睡眠力を持つ。悪夢に効果的。湿気のせーか最近はへたり気味。よだれ注意。

« 社会と私 | Main | 満員電車の脳内中継 »

Comments

先週から社会復帰とのこと。おめでとうございます!
私は1ヶ月前に「鬱とパニック障害の併発」と言われた者です。
て、いつもblogでこんな自己紹介ばっかしてて嫌になりますが…。
【薬剤師】については共感してちょっと笑ってしまいました。
今後もたまに遊びに来させて頂きます。

Posted by: しょうろん | 2004.07.01 08:05 PM

コメント有り難うございます。
どう返答しようかと悩んでいたら、えらく遅くなってしまいまして勘弁してください。
パニック障害+うつ病ですか。これまた大変ですね。私も不調の当初は「これが話に聞くパニック障害ちゅーもんか!」などと自己診断してたのだけども、お医者はちょっとテストをして「うつ病ですね」とさっぱりと述べられた。です。

 お医者のチョイスと同様に、薬局のチョイスも重要ですよね~。
最初に処方を受けたのが、ドラッグストアの中の調剤さんで(大きなお店の方が埋没されて良いかと考えた)延々と待たされた挙句に、大きな声で「うつ病って言われたんですかー?」といわれ、埋没どころか、悪目立ちしてしまい参りました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: akizo | 2004.07.15 10:33 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference うつ病・旅の仲間:

« 社会と私 | Main | 満員電車の脳内中継 »