« 私は正しい精神病か?④「ココロの風邪」と「黄色い救急車」 | Main | 気分が楽になる薬です »

2004.07.29

結局、貧相で脆弱

 頭痛、動悸、眩暈、吐き気、睡眠障害、便秘

 仕事でトラブル。私は前任者でありました。自分が悪いのではないかと、自分のせいで起きたのではないかと、ハラハラしながら今の私が可能な範囲で、できる限り原因を調べる。心臓ドキドキ、冷や汗ポタポタ。

 上司にそれを止められる。しなくてよいと言われる。遠くで耳鳴りがして、頭がガンガン割れそうに痛い。左目から涙が流れる。

 まるで徒労なのだが、本当に無意味なことなのだが、居ても立ってもいられない。


 気が済むまで調べ、自律神経も暴走して落ち着く。

 帰路は、酷い頭痛と耳鳴り、吐き気、ふと気が遠のく、の繰り返し。


 残っていたワインをあらかた飲み込む。ついでにバルクのパックも空にする。酩酊して就寝。

 小一時間で目が覚め、2時間格闘して眠剤を服用。起き抜けは最悪。

 一晩空けた当事者の笑顔に、ほっとする。自分に呆れる。


 脆弱で安っぽい精神力と貧弱な自律神経に情けなることしきりだー。

« 私は正しい精神病か?④「ココロの風邪」と「黄色い救急車」 | Main | 気分が楽になる薬です »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 結局、貧相で脆弱:

« 私は正しい精神病か?④「ココロの風邪」と「黄色い救急車」 | Main | 気分が楽になる薬です »