« 母親を殺す(夢オチ) | Main | うつ病と弔い »

2004.07.12

夢見るあたくし

 頭の動きが活発なんでしょうかね?
記憶を編みなおして昇華しようとでもしているのか、嫌にリアルな夢が続いているのです。
疲れちゃってかなわないが、朝はちゃんと起きることが出来るのでそんなに不安ではないのです。

①弟が死ぬ

実家の応接間
 ネットゲームのトラブルに巻き込まれて、弟が死んでいる。私は狼狽する。休職中だったら犯人探しが出来るけど、復職しちゃったから出来ない・・・。などと考える。弟は「あと2,3日経てば確実に死んで忘れるから大丈夫」と言う。
死んでいる(幽霊とでも言うべきか)弟にペールブルーの携帯を渡されてサイトにアクセスする。
 無関係を装って情報収集を試みるが、私が別のゲームでポイントを多量に持っていることから、初心者でないとバレて上手い具合に進まない・・・・。

②侵入者から逃げる

マレーシア、コタキナバルのホテルの一室
 筋骨隆々な男が部屋に入ってくる。私はその男を知っている。明け方の酷い記憶がある。男が甘言を弄す。
私は窓を開けて「助けて!」と叫ぼうとするが小さな声しか出ない。男は私の腕を引っ張る。私はエントランスホールのドアマンに向かって「HELP ME!」と叫ぶ。今度は声が出る。かわいらしい顔立ちの白い制服を着た華奢なポーターが2人入って来る。私はスカーフを頭に巻く。ポーターに連れられて男が出て行く。ここがイスラム圏でよかったと思う。

 
 両方に共通しているのは、小賢しい手を使うところ。

 ②については、寝言かなんか言ってそうでなんか嫌だな・・・。

 

« 母親を殺す(夢オチ) | Main | うつ病と弔い »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢見るあたくし:

« 母親を殺す(夢オチ) | Main | うつ病と弔い »