« セイリのプロだよ。。。 | Main | 月曜日の軽いぐるぐる »

2004.08.13

ジェンダーフリーの思考停止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040813-00000000-san-pol

 ↑だってさ!!! おいおぉお~い パラノイア石原せんせのお力か??
こういう時に、東京から転出しておいて良かったと思うのだ。くっ

【説明】 
ジェンダーちゅーんは、社会がその性別に対して期待する行動 などと言いまして、平たく言えば「女らしく○○でありなさい」「男なんだから××だ」などということね。

 ここんとこの教育のテーマにジェンダーフリーがあること、子供を持っていなくても日能研の車張りで知っているわけですが・・・。

 「ジェンダーフリー」は、その意味や定義がさまざまで、単純な生物上の区別や「男らしさ」「女らしさ」といった観念まで否定する極端な解釈もされている状況。
 これに対し、都教委は「意味や内容が使用する人によってさまざまで、誤解や混乱が生じている」として、「都教委が目指す男女平等教育とは異なっており、今後は『ジェンダーフリー』という用語は使用しない」ことを決めた。

 だそうな・・・。誤解が生じている理由は、名簿が混合になったからじゃないと思うんですけどね、いや名簿のせいじゃありませんよ。あたしゃ公立の学校に通ったことはちょびっとしかありませんけどね、なぜ故に男が先に呼ばれるのか疑問でしたよ。もう随分前のお話ですが。

 名簿が混合になっているから「意味や内容が使用する人によってさまざまで、誤解や混乱が生じている」のではない。ジェンダーについてなーんも考えていないから、そうなっているのではないかね??(怒ってます)

 男女同権運動への攻撃の1つに「だったら、遅くまで働いて重いものを運べ!」なんてゆー「平等いうなら同じ事しやがれよ!!」ってーのがありましたね。そんなんの後遺症(いや今も続いている)が女性を縛り上げて、子供を生めなくしているのに気が付いていないのかね?よしんば産めたとしても、今の社会構造だとスーパーウーマンになるか、頑張ってボロボロになるかの選択を迫られるとゆーのにっ!!(環境に恵まれて回避できるケースもあるにゃある)

 ひな祭り、端午の節句はジェンダーフリーにもとる なんていう理論もあるよーで、そんなんも、ほら、大昔バストの見える水着ってありましたでしょ?あれと同次元でしょーよ(水着の方にはスケベ心が充満していたというのは置いておこう・・・つーかスケベ心があった分まだ救われる)うぉお成長ないなぁ(あきれ)

 ジェンダーは社会に内包されているものなのだから、だからバッサリ切り落とすように考えるものではないのさ。それぞれのケースを取り上げて、その成り立ちを考えて、では今どうするか。といった丁寧な議論が必須なのだよ。
 ジェンダーフリーっちゅーんは、ジェンダーによって制限(差別)されてきたものを開放するっちゅーんで、可能性を広げる為のものであって、行動を制限するものではない。男女の生物学的な差から、経験的に知られている特性(幻想ではないぞ)を否定して、ひっくるめて「同じ」とするんじゃないざんすっ!それは、人間の可能性を軽んじる幼稚で怠惰な態度じゃないの?
 
 今回のケースについては、なんだかややこしいみたいだから~って、後退しちゃいまいか??それとも、平等平等いうと、女が付け上がるとか、闘える男が出来なくなるとか、少子化が進むとかそんな意図か??

 思考停止はやめよーぜ。人間は成長できるって信じたいじゃなのさ。(だんだん悲しくなってきた)

 

« セイリのプロだよ。。。 | Main | 月曜日の軽いぐるぐる »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジェンダーフリーの思考停止:

» オトコ=オンナは成立するのか? [The Apple of Goddess]
 男女平等って言いますよね。  最近、この言葉が一人歩きし、ごりごりのフェミニストの皆さんにも利用され、何だかちょっと別の方向に行っているような気がします。尤も... [Read More]

Tracked on 2004.09.26 06:35 AM

« セイリのプロだよ。。。 | Main | 月曜日の軽いぐるぐる »