« しんがぽーる | Main | うつ病患者・旅の秘訣 »

2004.09.27

怒涛のシンガポール

帰ってきましたよ。3泊4日現地実質2日の怒涛旅。
いや、駐在10年目の友人に合いにいくのが本来の目的。
初シンガポール~。意外と遠い~。(マレー半島なんだから当然なんだけど、印象が近いのよね)
高所得、高学歴の国、コスモポリタンを目指す多民族国家、罰金とお掃除の国。(くりーんかんとりぃ)
だけど、マレー半島の国だからなんだか横軸がのんびり。

【国土ぜんぶ街】
想像していたよりも緑は豊富。そりゃぁマレーシア本土のジャングルとは違いますが・・・ってよく見るとゴルフ場だったりするんだよね・・・。
【路地裏の無い街】
 ウラ道が無い街は非常に不自然。でもネコちゃんは生息している。ほっ。おっきな看板もほとんどありませぬ。大きめのコンクリートの建物の中に色々詰め込んで、キレイな景観+クリーンな環境を保とうとする努力はすごい。で、コンクリの中味が路地裏だったりする。(笑)
【公娼のいる街】
 3つめにコレで申し訳ないが、初日の夜。オーチャードst(銀座みたいなところね)のホテルのBar(後述)に入ったら、奇妙な風景に出くわしまして、まだ平日なのに・・・と思ったら、職業婦人でした。んんむ。公娼制を引いているというのは存じませんで、超ナイスバディーなおねーさんが散見されます。ピンク色のネオンが無ければいいってもんでもないのだが・・・。
【シンガポールの3C】
 シンガポーリアンの欲しいもの。かー(車の関税がえらく高い。3倍位と考えてくだされ)かーど(クレジットカードの審査がかなり厳しいらしい・・・カード社会でもあるので欲しいのだろうなぁ)こんどみにあむ(公営住宅から、一戸建てに移り住むのがなによりのステイタス)
【シングリッシュ】
 すごいぞー、全然分からないぞ~。米語ネイティブ(並)の相方も「???」10年すんでる友人は、福建、北京語との合わせ技で会話している・・・。「うおつりせんたぁ」=「わーるどとれーどせんたー」だそーな。参った。
【蚊】
 本当に居ないですはい。ものすごいコントロール能力だと思う。普通の国ではできまいな。それでも10年も居るとデング熱に1度ぐらいなるらしい・・・。
【タイガービール】
 マレーシアのタイガーよりも味があってびっくり。ロコも外人もビールはタイガーですな。うんうん。店ではボトルのウィスキーをワイングラスで飲む人が散見されました。ホテルのロビーはシャンパンがデフォ・・・。
【ガム】
 持ち込み禁止品です。ただし、医師の処方箋を持って薬局に行けばノンシュガーについては購入できるようになる(なった?)らしい。禁酒法時代のよーだ。
【月餅】
 中秋のお祭り+ランタンフェスティバルを控えておりましたもので、町中「月餅」だらけ・・・。スタバ(!)もハーゲンダッツも「むーんけいく」を販売してございます。今年も注目は「ラッフルズホテルのシャンパントリュフ月餅」だそーで。
 あっちゃこっちゃで月餅!月餅!月餅!月餅!月餅!月餅!月餅!月餅!買わないと申し訳ないぐらいでやんしたよ。ドリアン月餅にトライしておけばよかった・・・。
【ホーカー】
 屋台をかためてコンクリの下or上に置いたもの。普通のレストランは東京と同程度か高いぐらいなんで、ホーカーの安くて美味しい食事はえらく嬉しかったのだが、現地駐在の外国人はホーカーで食事をしない様子。
【ドリアン】
 マレーシア産がイチオシだそーな色々ブランドもある。観光客は自分で選ぶなんてこたしないで、オススメを食べましょう。買ったらその場で食べること。(持ち歩くのは大変だ)ウエットティッシュは必須。
【シンガポールスリング】
 行って来ました、ラッフルズのロングバー。あんまりキレイなところじゃないとは聞いていたが、入ると足元は突き出しのピーナツのカラでガシャガシャ。(これが伝統らしい)込み合った店内で、オーストラリアの草野球チームのバカ者が大騒ぎをしていて風情のかけらもない。ものすごいスピードで大量生産されていく、シンガポールスリングは激甘だったものの、甘い酒が苦手なアタクシも飽きずに飲めた。お見事。
【上海蟹】
 シンガポール上海蟹の父(シンガポールに始めて引いてきた人らしい)の店にて食す!英語が通じるのは1人のみ。福建語が出来ないと辛いです。シーズンが早かったせーか、メスの卵は乏しかったものの、オスの味噌は絶品!!身も甘くて、特製黒酢ソースに付けると激ンマ。識別用の標は付いてたり付いていなかったり・・・。
【ヒンドゥーの結婚式】
 リトルインディアを歩いていたらば、ヒンドゥー寺院で結婚式を挙げていた。旦那は中年白人、グラマァな新婦はお人形さんのように着飾っていてとてもキレイ。段取りが上手く言ってないみたいで、セレモニーは外野も混ざって「あぁしろ」「こうしろ」で大騒ぎ。寺院内は通常営業なもんだからいつもどおりに祈る人多数。バラの花びら、ジャスミンの花、黄色く染めたお米とお香の煙でしばしマサラ気分。
【チャイナタウン】
 げっぺーと巨大提灯とドラゴンの装飾ですごいことに・・・。コンクリに流したところでチャイナタウンはチャイナタウン。あんまり片付かないものだから、地下鉄の駅をど真ん中に作ることで改善を試みたらしい・・・。確かに横浜位はキレイになった(笑)
【買い物】
 現地駐在の奥様でカード破産するかたも居るそうな・・・。世界中のブランド品が購入できます。値段もちょびっと安いです。(あたしゃには御用がないのでよく分からない)サイズ、カラーもフルラインナップで規格外なアタクシも、下着やら洋服やらを買いましたよ。
【エアコン・エスカレーター】
 エアコンは痛いほど効いている。外気温との差が20度はあるんじゃないかと言う位。で、遠赤外線のパンツ売れてます。(^^;。駅のエスカレーターはたじろぐほど早いので注意すること。
【外人】
 出張者、現地駐在員、イリーガル、旅行者、大勢おります。見ればなんとなく分かるのが面白いね。中国系のビジネスマンが在りし日の日本人のようで泣ける。旅行者にとってはソコソコ安全な場所と言えるかな?でも街がきれいだからって、置き引きやスリは居るからね。
 米軍のドッグがあるので柄の悪い不良外人も仰山いらっしゃる。昼真っから大勢で、酒を煽って、おねーちゃん連れてわめいている・・・。彼ら対象のタトゥーショップの周辺があの国で一番危険なところらしい・・・(それでも目抜き通りのビジネスビルの有るから恐い)。今時の米軍は悪いものしか持ってこないんだよな・・・プーケットだって韓国だって沖縄だって・・・。ぶつぶつ
【夜遊び】
 オーセンティックなBarだろーが高級ホテルのメインBarだろーが真夜中まで(朝まで)スタンディングで騒いでいる。ハウスがガンガンかかって、黒髪ストレートロングヘアのお嬢さんが踊っていて、出張のおっちゃんや、現地外人が値踏みしている・・・のだ・・・ううむ。ううむ。あ、クラブの御酒は高いですよ。
【ゲイ】
 多いんですよ。ホントに。オカマちゃんじゃなくて、短髪さわやか青年同士がラブラブだとか、10代の子供みたいなアジア少年を連れた白人とか・・・。
【この街の閉塞感】
 無いと言ったら嘘でしょう。行き届いた社会サービス、罰金で拘束される生活。始終やってる各種お祭り、高級ホテルでの乱痴気騒ぎ。アジアのカオスを避けたいばっかりに、懐の深さも失ったかのような妙な感覚。まぁ2日でなにが分かるかというところだが、明け方のホテルのロビーにデカダンスの香りがした。

 他にも色々あったけど、特筆すべきは帰りの飛行機の中に雪が降った事かしら?(凍った結露が屋根の隙間から降ってきた)
 もっとホーカーで色々食べたかったとか、街歩きをもっとしたかったとか、市場で買い食いしたかったとか、ニョニャを食べたかったとか、ロティプラターを食べてないとか・・・。タイガークラシックを飲んでないとか・・・。(主に食欲系)

 時間を気にしないでゆっくり眺めていたい国でした・・・。又行くぞーっ(とどこに行っても思うのだ)


« しんがぽーる | Main | うつ病患者・旅の秘訣 »

Comments

7~8年前に3泊ぐらいで行きましたが、宿泊したラッフルズの部屋と、ナイトサファリしか覚えていません。
なんでだろう、と思ったら「路地裏の無い街」という表現を見て、それだ、と思いました。至言ですね。
屋台でも何か食べたような気がしますが、猥雑な「街」に触れた実感を残さない土地ですね。

Posted by: にゃん | 2004.09.27 09:41 PM

ラッフルズ泊まられたんですね~。いいなぁ。

7,8年前だと通貨危機の前夜とかそんなあたりでしょうか?私は猥雑ってものが結構好きなので、街歩きではちょっと物足りなさを感じました。
 まぁ、コンクリの中は裏路地そのものだったりするんですけどね(^^)

Posted by: akizo | 2004.09.27 10:52 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 怒涛のシンガポール:

» 人民元切上げとラッフルズホテル [しのわずり]
今週はハッとするアジアのニュースが2つありました。 ついさきほどニュース速報で [Read More]

Tracked on 2005.07.21 09:43 PM

« しんがぽーる | Main | うつ病患者・旅の秘訣 »