« ある種の危機 | Main | 感情の伝染 »

2004.10.21

卵子はスズランの香り~

 というのも精子には、鼻にあるのと同じ臭いをキャッチする受容体があってそれによって卵子を目指して飛んでいく。受容体は1つ1つ別の1つの臭いに反応する。よって精子にある受容体を逐一調べていくと、どんな臭いにつられていくかが分かるというわけ。

 この臭いをキャッチする受容体っちゅーのの研究が、こないだのノーベル医学生理学賞のテーマであったそぅ。

 とんと理系分野は苦手なのだが、「臭い」の研究が受賞したというので興味をもったのだった。で、卵子がスズランの香り・・・という面白い情報に行き当たった。
 ハイティーンの頃はスズランの香り好きで、ピュアなフレグランスを買ったことも有る。あんまり清楚で可愛らしいのに耐えられなくなって、トイレに流したのは二十歳頃でした・・・。思えばセクシャリティの迷走が始まったのもその頃だったか・・・(爆)
 
 鼻は敏感なくせに慣れやすい(疲れやすい)感覚器で「うぉっ」と思う臭いもしばらくしたら分からなくなる。アロマオイルやら、フレグランスやら、酒やらをくんかくんかしたら、自分の体臭を嗅いでリセットしないと、次の香りがぼやけてしまうぐらいなもんで・・・。(「脇を嗅ぐな~!」と突っ込まれることも有りますが方法としては一番お手軽。そりゃハンカチとか用意してた方がいいけどさ・・・)デオドラントスプレーとか安物のフレグランスをびっとり付けている人を嗅ぐと、余計なお世話だが「鼻がバカになっちゃうぞー」と思う。

 臭いとゆーものは、私にとって結構気になるもので(別に潔癖症とかではない)その国の臭いとか、その人の臭いとか、その店の臭いとか、その家の臭いとか、その場所の臭いとか・・・海の中は臭いを感じることが出来ないのが寂しく感じるぐらい。 

 好きあう者同士は、体臭の成分が似ているらしーよ。(これもなんかで発表されていた)
確かに体臭が似ているほうが、落ち着くのだろう。そーいえば、むっかし、耳の後ろの臭いが嫌でオトコと別れたことがある。それ以降は、割と似た体臭の人と一緒にいたかな・・・?ちなみに相方と私の体臭はそっくりである。臭いだけでは枕の区別が付かない。

 どうも、臭いはフェチックな方向に向きやすいが、それはごまかしようの無い私的な感覚に直接働きかけるからじゃなかろーか、抵抗できない感覚に襲われるというかなんとゆーか・・・ほら、カレーうどん隣で食べてると、頼んじゃうぢゃない?カレーうどん・・・。

 まぁ、なにせたった一つの細胞しかない精子でさえスズランの香りに惹かれるのだから、無理からぬことというわけかねぇ~。

 しかし、なでスズランなんじゃろーな・・・。マツタケとか鮎とかじゃだめなのね・・・悩む。

 
 
 

« ある種の危機 | Main | 感情の伝染 »

Comments

スズランかあ…以外だねえ。イメージでは違う感じなんだけどw

どうやってめざすもの(卵子)にたどり着くのかと思っていたら、
匂いに向かってるのか。納得。

Posted by: カンカン | 2004.10.21 11:08 PM

栗の花がスズラン目指して一直線、かぁ....。

Posted by: K's | 2004.10.22 09:32 PM

はぉ~。
クリの花っちゅーけど、クリの花の匂いって記憶に無いよね・・・イカという説もあるが・・・どーなんだろ??

 昨日麻布あたりでスズランの香りのママがおったが、キツすぎで「げろりんっ」となってしまったわ・・・ふぅ。

Posted by: akizo | 2004.10.24 11:51 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 卵子はスズランの香り~:

« ある種の危機 | Main | 感情の伝染 »