« あおぢる | Main | 通常業務に戻ってもらいます »

2004.10.28

夢が説明するもの

 最近寝起きが悪い。寒いからかもしれない。夢見もあんまり良くない。眠れているのであまりストレスはないのだが・・・。急にこう寒くなるとお布団から出るのがつらいぞぅ~(怠惰なだけ)

 会社の同期が泊まりに来ていたのだが、朝食を食べた後、ふいと出勤してしまった。私は一人取り残されて「せっかく、一緒に会社に行こうと思ったのに・・・」と思う。時間は随分押していて、遅刻寸前である。タクシーに飛び乗って、会社に行こうとするが、道に迷ったりして15分も遅れてしまう。

 15分遅れであることが辛く、私は道を歩きながら気分が悪くなる。吐き気がして倒れる。なぜか場面が学校に移っていて「30になっても高校を卒業できない。そもそも中卒レベルの知能しかないのだ」と落ち込む。
 すっかり具合が悪くなって倒れこむ。カイコ棚のようなベッドに寝かせられる。なでか大槻ケンヂに寝ている理由とこれからどうするかを問われる。私は、うつ病で何も出来なくなったと言い、病気が良くなってからのことは想像も付かないから分からないと答える。

 ・・・。

 ハブにされて、見捨てられること、裏切れられる事を怖れている
 仕事に失敗(遅刻だが)してしまうこと、それを病気で言い訳する幼稚さ
 いまだに学歴コンプレックス(4卒なものの3流校であるので)にとらわれているという事実
 この先の見通しさえ付かないでいる不安と、回避しようとする卑劣さ

 要素をまとめるとこんなもんかなー??
 我ながらフォローのしよーもないが・・・。

 あたしの脳みそに残った記憶の忌憚の無いご意見ということで参考にしようかね。

 
 

 

 

« あおぢる | Main | 通常業務に戻ってもらいます »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢が説明するもの:

« あおぢる | Main | 通常業務に戻ってもらいます »