« しんどー | Main | 年収200万減 »

2004.12.17

私はオンナと生きている

 オニババとクリスマスイルミネーションと自律神経失調な1週間でした。(すでに終わらせている)

 そう、私はかれこれ数十年オンナだ。幸い、この年になるとジェンダーを強要されることも減るし、性別とセクシャリティが激しくぶつかる状況が無いのでたぶんこの先もオンナだろう。
 オンナであることを諸手を上げて歓迎している訳ではない。しかし月並みな質問「もし生まれ変わったら次は・・・」をされたら、しばらく考えて「オンナ」と答えるだろう。
 なぜなら、オンナであるというだけで、私が何かを考えるチャンスを何度も与えられたからだ。いや強制的に押し付けられた部分の方が多いかもしれない。オトコだったら気が付くことも出来ない(気が付いてはいけないかもしれない)様々なことは確実に私を形成しているのさ。

 私の身体はオンナのコードに満ちている。背が低く、ムネとケツが出っ張っている。おかげさまで、性犯罪者の被害を受けることもしばしばだった。(最近はあまりないね)パトカーにも乗ったし、警察にも検察庁にも出頭した。どうしようもなく不快で理不尽で苦痛で、その度私が何者かを突きつけられた。
 で、教育では平等といわれ、リベラル気取りの家族もそう言い(結局はただのダブルスタンダードだった)同じようにジェンダーを強要されていたから、しばしば引きちぎられる思いをした。
 だから 「母性は神話だ。母性愛は存在しない」と言われたときに猛烈に感動し、社会学に前のめりに突っ込んだわけだ。で、マザリングとかジェンダとかー→ウーマンズスタディ→フェミニズム→セクシャリティ関連諸々と進み、スカートもはけない化粧も出来ない(法定)結婚もできない、出産なんてとんでもないのオニババへと成長したわけ。
※最近はスカートもはくし、必要があれば化粧もするけど、法定結婚はとても無理。戸籍法をどうにかしてくれー

 今の若い女の子(ハタチ~26歳ぐらい)は、フェミニズムどころか非常に保守化している気がするのさ。(参:愛②)クリスマスイルミネーションは、彼女らの購買意欲をそそるわけで、フリーターの彼氏には不相応な買い物を強いられる(苦笑)からお気の毒なんだけど、彼女らは別に能天気に色ボケ守銭奴①をしているわけじゃないのね。話を聞いてみると大変な「不安」を抱いている。その闇は元うつ病程度じゃぁ推し量れないぐらい深い。
 「やせなきゃ」
 「きれいにしなきゃ」
 「イイオトコ見つけなきゃ」
 「見つけたら結婚しなきゃ」
 「結婚するならせめて○○ぐらいは・・・」
非常に他力本願な上昇志向があって、同じぐらい強いグリードが同居している状態。他力本願であることを自覚しているからものすごく「不安」
 大抵のコは恐ろしいぐらいに食べないから(お昼はフルーツ用のタッパ2つ程度)低くなったバイタルが、頭痛肩こり生理痛をもたらして、体の不調を訴えるコも多い。で、将来の不安をぽつぽつと述べる。
 まだ先は長いのに自分の経済基盤を保障する誰かを探し出すことのカウントダウンが始まっていると思っているコが少なくない。(もちろん、自分の人生を握り締めた元気なお嬢さんも沢山いるよ)
 一方、自立できるパワーを備えたコ②に目立つのは、①のコへのコンプレックスや自己否定感。
 「私かわいくなれないんですよー」
 「ずっとひとりで生きていきます」(出家にはまだ早い)
 「オトコの人って信用できない」
 このネガティブさは、心当たりがあるが(^^; なんだか開き直れてないとゆーか、「おうよてめぇの腕一本で生きてやるわよ!」の覚悟が希薄というか・・・やっぱり「不安」だったりする。

 その「不安」を食い物しているのが昨今の「癒しビジネス」なんだね・・・。
 ネイルサロンを覗き見すると、必死に爪を磨くネイリストに念仏のように語り続けるお客が見れます。結構シュールよ。
 ネイリストに一方的に語りかけたところで、ガス抜き程度にしかならんのよね、確かに自分の目に付きやすい手の爪がラメやらなんやらでキレイになっていたら「安心」するかもしれないし。でもキレイにした爪も、ブランド物のバッグも素敵なブーツも、コマーシャリズムの産物だから、1つ手に入れたら次が待っている。持ってないとまた不安が煽られて、もーへとへと。
 アロマテラピーが定着してきたらば、資格ビジネスが熱を帯びて、資格を取らなきゃ風呂にも入れない気分にさせられる。(資格を持ってないとエッセンシャルオイルを買っちゃいけないと思っていたコがいた・・・おいおい)

 高給取りと結婚して子供産んで、オニババの汚名をどうにかぬぐったら、旦那は仕事で帰ってこないし、「昔はこんな便利なもの無かったわよ」とか言われてしょんぼりして、友達に電話をしてみたら「今仕事で忙しいの後でかけるね!」と言われて、週末に合えば仕事の愚痴を聞かされて、家に帰れば子供の世話を頼んだ旦那がイライラしながら待っている。「私の人生一体なんなの?」と喪失感に教われるケースだってあるだろう。(想像力にだけは自信があります)

 この問題の解決をフェミニズムが成してくれると思うほど、私はフェミを信じちゃぁいないが、解決方法のヒントぐらいはあるのじゃないかな・・・。と思う。
 だからと言って、上野千鶴子を若いお嬢さんに読みなさい!!とは言わない。つーか無駄だから。何のことやらサッパリ分からないんじゃなかろーか。スカートの中の劇場とかだったらどうだろう・・・いや、それこそ生理用品の歴史とかのほうが掴めるかな?

 随分下火になったけど、アダルトチルドレン(AC)の概念ってば、封建社会からの脱出の変形技みたいなところがあってさ、それはフェミと似ていると思ったことがある。今の流行は「うつ」かな?うつ病の回復のツボは「上昇志向停止」だったりして、封建社会への回帰だったりするからバンバン自殺するのかな?

あ。。。足りない頭使ったら づつーがづつーがづつーが・・・ 
人の心配より自分の自律神経をどうにかしろってか?


 
 


 

 

« しんどー | Main | 年収200万減 »

Comments

私も自分が女であるということをポジティブに受け入れられるようになったのは大学入ったあたりからかな。自分からは逃げられないし、受け入れるしかないんだと思ってからだいぶ楽になったかな。

最近読んだネットのお悩み相談でなかなか辛口で面白いのがあったので読んでみ〜
www.elle.co.jp/home/horoscope/juan/counsel/qa/qa.php?juan=0402
このセンセイの他の悩み相談もなかなかだった。
ここにコピペするために探しにいってバックナンバーとか読んじゃった。
けっこうズバリだと思ったね。
っていうか、このコメントってURL貼れないのか…

Posted by: カンカン | 2004.12.18 12:42 AM

あい ども
今日も楽しく飲んで語り合いましたで候。
で、言い忘れてたことも書いておくとすると。

その両極端な女の子達はどちらも価値観が
妙な方向に行っていると思うのですわ。

ばっさり意訳しちゃうと、どっちもつまり
「幸せになりた~い」ってのが究極の目的に
僕には見えるんだけど、んじゃ幸せってな
一体何だよコラって事になるじゃない。

値段張るモノ買ってもらえば幸せなんか?
高給取りと結婚出来たらそれで幸せか?
可愛いと称されてちやほやされたら幸せか?

思うに、他から刷り込まれた価値観をそのまま
自分の価値観と勘違いしてるさ。
その本人以外にも色々と責任の所在は
あるだろうけど、それでも僕はやっぱり、
テメエでもう少しモノ考えやがれと
思ってしまうなあ。

ちうのはスパルタンな考えなのかな。
こう言っては身も蓋もないけど、男だから
僕はこういうセリフ吐けるのかも知れんし。
確かに、男だからこうあらねばならぬ~
みたいな事をさんざか言われて来て、
そうでなくても僕は割と許されて来たなあ。
やっぱXYはすげー有利だわ。ナマイキ言って
どもすんません。

でも、それでも、あきぞぅさんの
サンプリングしたお姉さんに限って言えば、
僕にはやっぱ考える事を放棄してるように
しか見えないな。
どうかと思う一方、かわいそうにも思う。

性より先に、僕等は人間であるべきだよ。
とりあえず、僕含め男連中は、異性を即
性の対象として見るという恥ずかしい真似を
さっさと止めるとイイと思う。
性犯罪の話とか、聞く度自分が同じ性って
だけですんごい恥ずかしくなるし。
痴漢とかしちゃう人は去勢しちゃえば良い。
そんなヤツにアレはいらんホント。

酔って書き散らしてごめんよ。
ちょう眠いのでもう寝ます。
むにゃりむにゃり。

Posted by: くすくす | 2004.12.18 01:40 AM

はじめまして!くすくすさん。
くすくすさんのように考えられる男性、女性が増えたら、女性も男性も、もっと生きやすくなるだろうな、と思いました。

Posted by: えこま | 2004.12.18 11:18 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私はオンナと生きている:

« しんどー | Main | 年収200万減 »