« 負けないし犬じゃないし | Main | 英国式りふれくそろじ »

2005.01.15

人体の不思議展

昨夜、夕食前にいってきやした。
人体の不思議展・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・感想ですか?
見世物小屋かよ?

 こんなにひどいもの久し振りに見たわ。
 入り口付近で大声で客引きしてるスタッフを見て嫌な予感はしたんだよ・・・。

会期延長だやれなんだと、話題になってるからいっとかないとまずいかな?ぐらいの気分で1500円、靖国神社の見世物小屋だったら500円ぢゃがな(怒)

 平日でありながら、会場はなかなか盛況。お客の年齢層、所属階層も色々。

 何がひどいって展示物の状態がひどい。見せ方がひどい。シリコンで固める技術がいかに立派なものだろうと、この見せ方で何が命の神秘だ聞いてあきれる。

 標本の多くが荒れていて、ちぎれていたりする。ボードの内容は学研かみのもんたか?ひどいものだと、印刷物をそのまま拡大して「前に述べたように」をテープで隠している。
 系統立てて並べていないから、ただの死体置き場状態。ポーズを取らせているものだって、骨を組んだ後で筋肉を貼り付けているのだからまるで意味が無い。内蔵はどう見せたいのかの考え方が統一されていないから、モノによって標本の取り方がバラバラ。体内の真実を見せるなんて気はさらさらないのだ・・・。
 
 献体にひどく申し訳ないような、造り手のレベルを疑うような、そりゃーもぅひどいひどい展示でした。がっかりを通り過ぎてもうぐったり。
死体を見てみたいという悪趣味を満足させるだけじゃなかったのか??あああああああ(激昂)

 色々とトラブルになっている理由がわかった気がする・・・。

 帰りは、焼き鳥を食べて帰ってきました。ふんっ。

 

« 負けないし犬じゃないし | Main | 英国式りふれくそろじ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人体の不思議展:

« 負けないし犬じゃないし | Main | 英国式りふれくそろじ »