« 鼻血注意 | Main | 出雲の練習 »

2005.02.09

あたしーメンヘル系なヒトだからー

何でも略すんじゃないっ!

 私もメンヘラーに分類されるのだろーなー、人間のクズとか思われているんだよな~などとさして落ち込むことも無く。ぼんやり考えるお昼時。
 あのヒトは今?!位の懐かしい話題。アダルトチルドレンについて。

 内緒の話だが。現在30代前半女性の多分に漏れず、私も「アダルトチルドレン(AC)」の自覚を得ている。
 うつ病という社会認知的に上位の病気になったからここ数年は「うつ病患者」と自称することが多かったが、ACの概念が混乱する自分の説明に一役買ったことは確かだ。あらかたの本を読んだし、2年前の「うつ」の発病に際して開始したカウンセリングは、いわゆるアダチル教の総本山に通っている。未だ「アダチル」の「ア」の字も聞いては居ないが、非常にレベルの高い満足いくカウンセリングで私は随分元気になった。ありがとふ

 公開してしまうなら、20代前半の私は混迷を極めていた。十二指腸潰瘍は慢性化ししばしばでアルコール性胃炎で七転八倒していた。外部からの攻撃(?)に常に身構えていて、全身の毛が逆立った状態で24時間生きていたから本当にくたくただった。
 それでも「私の家族をどうにかしなければ!」と頑張った。で自分の為でなく家族の為にACにたどり着いて、18ヵ月後私は家を出た。

 私にとってACという概念は、私に当事者主権を教えてくれたものなのですよ。私の人生は私がやっていいってこと。決して私を分類ラベリングして狭い範囲に閉じ込めるように機能したものではない。フェミニズムとACはタマゴ・ニワトリの関係ではありましたが。(笑)

さて、なんでこげなことを申し上げているかというと、朝日新聞の書評にこんなことが書かれていたからだ。
======================以下引用=====================


「アルコール依存社会」 中本新一著

 「アダルト・チルドレン論を超えて」と副題にある。
 著者は、元アルコール依存症で、いまも自助グループの運営に関(かか)わる。これは現場からのカウンセリング批判だ。
 依存症とアダルト・チルドレン(以下AC)とが結びつけられたのは、一九八〇年代のアメリカにおいてである。九〇年代に入り、日本でも急速に浸透した。

 著者は、AC概念の導入と普及の過程を、「患者」の立場、即(すなわ)ち診断される側、分析される側、レッテルを貼(は)られる側から凝視していた。このような当事者の証言は稀(まれ)だし、貴重である。
 AC論は現に苦しむ者を救わない。AC論者のなかには、例えばヒトラーの独裁をその幼児体験に還元してしまうような、社会的視点の欠落傾向がみられる。人間観も単調極まりない。そう著者は告発する。
 「傷をもたざるを得ないのが人であり、傷というものがなければ人の命も深まらない」。浅薄な専門家にはとても到達できない境地である。

 [評者]宮崎哲弥(評論家)


========================================引用以上====

????おややややや????これはACが乱用されているってことかしら?現物読んでないのでなんとも言えないが・・・。
AC論そのものはあたしをすくっちゃぁくれないよ。確かにね。んだけどAC論は殴られようが侵入してこようが、両親を敬い抵抗してはいけない。とかいう迷信から救い出してくれる。別に「あたしアダルトチルドレンなひとだからぁ~」と言う為のものではない。つーかそれは誤解。間違い。 えらい勢いで履き違えていてビビった。大丈夫か?しっかりしろ?

 以前にSPA!の記事について「私は正しい精神病か?」という駄文を連ねたんだけども、それと同じ流れのようにも感じる。「メンヘル系むかつくー」ってやつ?
 ソレはあると思うのよ。「心神耗弱状態」って言葉に飛びつき定型文でタタくでしょ?実際精神病のヒトで犯罪に走るヒトは少ないのよ。つーか、そんなにアグレッシブに動けないし(^^;
 事実かどうかは関係ないのだね。何か気に食わないことがあるのさ。なんだかそれを叩きたい。「ストレスたまってるんすよ」(いじめ加害のコの言葉より)

 気分だけで積み重ねてきたものを壊されてはたまらないぞ・・・。ACは新興宗教じゃない。毒家族に犯されたヒトが逃げ出す為の緊急避難マニュアルだ。混乱した自分の軌道修正方法のヒトツだ。対象者を拘束して思考停止にするものじゃない。思考停止になっているヒトが居るとしたら、ソレは周囲が以上に悪いやっちゃか、別の理由があるか・・・。

 はっきりいえるのは、この書評はお門違いだってこと!ちょっとぉ、宮崎さーんどーしたのさーっ。確かに仏教とはぶつかるけどね~ぇっ。


« 鼻血注意 | Main | 出雲の練習 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あたしーメンヘル系なヒトだからー:

« 鼻血注意 | Main | 出雲の練習 »