« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.29

南極の氷


 うぉ、画像がでかい・・・。

 銀座某Barでウォッカをロックでお願いしたところ、南極の氷を入れてくれたのさ。
ぱちっぴちっ ぱちぱちっ といい音をさせて、触るとマシュマロのように溶けるのさ。らぶりー

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.28

あたしリカちゃん

 暖かいのか寒いのかよーわからん日の通勤風景は、コートにストールやら、ビーサンTシャツやらが入り混じって面白いよな・・・。

 いや、服に着られている体を考えてみたら、まるで今日の永田町駅みたいなもので、つまり状況が色々なもんだから、色々着てどうにか外界との帳尻を合わせているのだね。

 自分を決める自由を現代社会が与えたとして、シンプルな世の中だったらまだよかったけど、世の中随分複雑だから、その接し方も複雑になっている。自分を決めることも複雑で、目に見えるファッションというものの重要性は増していたりするのだろう?人種(コンサバとかカジュアルとかカワイイとかアウトドア系だとか)が分かる・・・つまり価値観念や立ち位置を瞭然として複雑な世の中を少しだけシンプルにするわけだ。それはひどく切実なことなのだ。だって私達は成熟社会でだいぶ疲れてきているからね。
 したらば、そのメッセージに対して忠実なカラダでなければならない。大は小を兼ねるから、体は針金のトルソーになって、まだ分からない自分の選択肢を少しでも増やしたいと期待する・・・・とか・・・。

 やり取りしなきゃならないメッセージはあまりにも多くて、押さえておかなきゃいけないものもあんまり沢山あるからもうヘトヘトなのよ。どうか関係ない人は近寄らないで!
 孔雀の羽じゃなくて、グンカンドリの赤い胸なのかな・・・。

 世間はGWに入ります。初夏です。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2005.04.24

お体幻想

 子供の頃、ハダカは「恥ずかしいもの」と言われたり、美術館に飾ってあれば「芸術」で、テレビのお風呂シーンは「お色気」と言われてなんのこっちゃとおもったことはあるまいか?
 ティーン頃、芸術といわれる「裸体」もスケベ心の所業だと知ったときは嬉しかったなぁ。

 養老せんせーの身体論やら、ケネス・クラークの『ザ・ヌード』やらを読みながら、OKWebの「ダイエット&フィットネス」の質問を読みながら、昨年ゆるゆるだったパンツが履けない自分を嘆いております。
 私が膨らんだ理由は明快なもんですが、前方方向が色々説明してくれた気がしてちょっと気持ちがよい。

Continue reading "お体幻想"

| Comments (1) | TrackBack (1)

2005.04.20

あらひとがみとなりぬるお

 法王決まりましたね。えらい早かったな。結局白人でした。つまらんちゃんぽん
ドイツ人というのがなんとなく面白い。宗教改革発祥の地だから旧教はマイノリティなのかと思っていた。

お知らせの新聞はラテン語で書いてあるし、権威付けの仕方が気に食わないな。
実に前時代的で背中が痒くなる。

アメリカのおーさまもご満悦だ。中絶も同性愛も反対だもんね。バチカンのおーさま・・・。

 確かに世の中どんどん複雑になって面倒になっているから、新しい王様が色々決めてくれたらいいなーなんて思っちゃったりするのかしら。

そう、指導者だもの 羊飼いだから。

かーいぬしわがしゅーうよぉまーようわれらをー

頭の中がクロスオーバー
それでも政教分離のお題目が離れないのか、オメデトウコメントぐらい出せばいいのにね~<亡国
靖国よりもイデオロギー的に難しいと判断されたのかしら?


 

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.19

ヒノキングの凱旋

 ヒノキさんごめんなさい。甘く見てました。へいっしょいぃい。
つーわけで、ヒノキにもやられています。杉に比べてノドにくる気がする・・・。
杉ほどひどくないのが救いです。へいっくしょん。

 ついでに、リンパ腺も腫れました。足の付け根の所だからジーンズが履けません。困った。
去年のスカートが入らない・・・困った(涙)

 

| Comments (55) | TrackBack (0)

2005.04.15

杉君さらば!ひのきさんこんにちわ(涙)

 とはいえ、ヒノキは松竹梅の「竹」ぐらいの反応なので、づびづびづばづばにはならない。

ハナセレブの減りが遅くなったことで、スギ花粉が去っていったことに気が付くのでありました。うふ。

スギ花粉の測定システムによると、一向に減っているように見えないのだが、風邪が治ったついでに、目も痒くならなくなったのだから間違いあるまい?
 いやぁ、まぢひどい目にあった・・・。今日から洗濯物も外に干すことにしましょっ。


 4月から、お仕事フル活動しとります。1年ぶりです。(爆)

 金曜日までくるとさすがに疲れてくるけど「しんどく」はないかなー。

 4月は粛々とコナしていくつもり。どーのこーの(改善?改良?)するのは、アジサイの季節まで我慢しよう。

 きょーはビールが旨いぞー!!

| Comments (1) | TrackBack (0)

2005.04.12

曲がり角 あるいは 次の扉

 陰謀論は大好きだが、陰謀論ではない。ひしひしと感じる背筋の寒さ。
私だけじゃないはずだ。

Continue reading "曲がり角 あるいは 次の扉"

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.11

聖なる人

げほげほ(前説)

 バチカンの王様が亡くなったので、なにやら世間は盛り上がっていたらしい。バチカンには2度行ったし、パパのブロマイドも買ったけど、正直この盛り上がりを理解するのが難しい。

 なぜならパパはパパで宗教指導者の一人に過ぎないはずだから。

 早速、聖人にしろとか言うむきが居るらしい。たしか聖人にするには200年だか300年だか時間がたたなきゃだめじゃなかったっけ?
 
 日本に来たとき、記念礼拝に動員されそうになったことを覚えている。カトリック教会は綺麗だから小さい頃は嫌いじゃなかったけど、プロテスタントの刷り込みはそうそうぬぐえないのだな・・・。
 現在進行形でプロテスタントの教会に行っていたのなら、もちっと気分は違ったのかもしれない。「兄弟姉妹の為に祈」るのだから「法王の為に祈」ることもあろう。マザーテレサが亡くなったときは祈ったもんね。

 バチカンを歩いたときに
 聖なるものほど俗を集めやすいものはない・・・・と思ったの。
 それは聖なるものだからかしら。
 
 説教も出来ない状況でも、祭り上げられてしまって 現人神 だ・・・ 悲惨じゃのぅ などと思う罰当たり。


 聖なる人へ。
 あなたを祭り上げる世の中は、あなた一人ではどうしようもなくねじくれてややこしくなっているのです。
 あなたの死はシンプルだから、その事実はひどく盛り上がったのでしょうね?

 

| Comments (3) | TrackBack (0)

2005.04.10

急患

 扁桃腺がぼいぼいに腫れて、明らかな悪化を見たため、休日診療所に行く。
いい大人が休日診療はなんか申し訳ないが、週明け休むわけにも行かないし、処方された薬は切れてしまったのだから仕方あるまい。

 早退ついでに見てもらった、ねーちゃん(いかにも研修医風)は「扁桃腺は腫れていませんし、抗生物質は要りませんね」などとのたまいやがって!

 声を出すと痛いので、経過と既往症のメモを作っていく。

 受け付けには、金髪メガネのロケンローラーがおいでで、好感度高し!

 他のお客さんは1人を除いて皆子供。もう1人の大人は、母親に連れられた二十歳ぐらいのコで、スリムジーンズにパンプス、緩めのニットでメイクもばっちり・・・ふむ。

 年配の先生の診察。扁桃腺が腫れているから抗生物質を出しましょう・・・ と真逆のことを言われてみたりして・・・んー。

 ちぅわけで、未だに伏せっております。

 桜が来週末まで残っていたらば、花見する・・・ぞぅ。げほげほ。ちくしょぃ! 
 

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.08

げほげほ

 咳で目が覚めまする。咳は昨日よりひどいです。熱は下がりました。37.3~8の間。8度台にならなけらば、寒気がしないし、咳するのが楽。

 風邪引き気分を盛り上げるトロピカーナ「ミックスフルーツ」が喉に沁みて飲めないよ。すごい損した気分(涙)

 こういうときに相方は出張。そういえば、前回の発熱も相方出張時だったな・・・。

 (咳中)


 
 ぜぃぜぃぜーひょろろ。愛用のコブタも細菌汚染されているのだろうか・・・。でも外に干せない。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.07

高熱再び

また風邪ひきました・・・ちぅかいつもの奴・・・
夜中に高熱が出てボロボロになる例の奴。

Continue reading "高熱再び"

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.03

ストロベリーハンター

いちごがり@館山にいってきたのさ。
充実した一日でした。

Continue reading "ストロベリーハンター"

| Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »