« 加州5/1-2 | Main | 加州 5/3-4 »

2006.05.09

カルフォルニア国考

 生まれたときから、アメリカの子会社で育っているわけだから、アメリカなるものは素晴らしいとゆーのが結局染み付いていて、それのカウンターとして、ブッシュ妄言録を読んでみたり、マイケルムーアの映画を見たりする(?)
 カルフォルニアだから、と相方は言うけど、私にとっては初アメリカで、困ったことに、非常に興味深くて、魅力的なところだったのだ・・・恥ずかしながら。

 日記とかるぶ点はかんべんしてくれぃ~

【走】
 ヘルスホリックの総元締だからなのか、ランナーの多は軽く壮絶。街中、山の中、海辺、丘の上、何もない草原まで、津々浦々にいらっしゃって、死にそうな ぢーさん までサポーターをして走っている。日本では二言目には、ウォーキングをお勧めなさるが、そんなこたぁ、まだるっこしくてやっていられないとゆーふーに、牛のようにドガドガと走る。走る。フォームがちゃんとしている人は数名しか見られず。ドラッグストアには関節のサプリメントが山盛り。
【食】
 アメリカは不味い。イギリスより不味い。この信念は、相方が買ってくるアメリカンなシーズニングやら、ドレッシングやらで、日々激しく強化されてきたわけ。ビールは薄いし、ハーシーのチョコレートは歯にしみるし、ジャンクフードてんこもりで、スーパーサイズミーだ!とね。山盛り出てきてしまうのは、多様な人種の最大値にあわせているからの様子。話に寄れば「盛りが悪い」と称されるとそのレストランが潰れてしまうほど重要らしい。意外と価値観がクラシック。
 スタバはスタバだし、ノンファットミルクは透けるほど薄いけども、レストランに入ればぱらっと出てくるレタスは極上だし、独特の甘酸っぱい味付けは、ドライフルーツなんぞをふんだんに使った贅沢なソースだし(好みのほどはおいといて)、ナパ・ソノマを擁するワインカントリーでもあったりする。で、明らかなのは2極に分かれているということ。ちゃんとしたレストランもあるが、ジャンクフードは徹底して浸透している。1ドルでタコスが食べられる。ちょっといいディナーをしようとすれば100ドルは下らない。何気に巨大資本のチェーン店に握られていたりするのだけど、満足する食事は出来る。銭さえあれば。
【衣】
 空がやたらと明るいからか明るい色のものを着がち。温度差が激しいお土地柄、ダウンジャケットとTシャツが混在する不思議。白人がブラザーのまねをしているのは情けない。黒人がビシッとスーツを着込んでいるのはかっこいい。(個人的趣味)女性はスッピンかフルメイクどっちか。本当にどっちか。年配の白人女性のメイクはキャンバスの油絵を彷彿とさせる。
【アミーゴ】
 3K仕事(死語?)に従事するのは、メキシコからのアミーゴ達。完全に区分けられている。ワイナリーもオーナーやら広報やらは白人で、葡萄の木を面倒見ているのはメキシコ人。ショッピングモールでお掃除しているのもアミーゴ。どこも結構きれいなのはアミーゴ達のおかげか?低賃金労働者として働き続ける彼ら。格差社会ってこういうものなのだよ?「いいじゃないですか!」本当に?
【豊】
 この国の物質的な豊かさは圧倒的。これに物言いをつける人はいないでしょう?平行して感じたことはソフトの面の豊かさだったりする。洗練された建築とか、隙のない作りのショップとか、は土地が広く取れるからと説明きるだろーけど、感心しきりとゆーか逆に複雑な思いも感じたのが・・・
 ミュアウッド&ヨセミテ は、ジョン・ミュア というおっさんが保全活動をしたエリアが国定公園になったもの。保全活動よりも開発が優先されて当然な時代に、木が切り倒されていくのに危機感を感じての行動だったそうだ。いやもちろん、その場所には先住民が居た訳だからずいぶん身勝手な話でもあるのだけど。そりゃ、千住辺りでそんな事で来ませんよ、広いからですよ。でも広いからだけじゃない。
  もうひとつ、相方の元ボスは赤十字のボランティアをやっていて、ハリケーンにやられたニューオリンズで活動をしてたそうだ、赤十字規定のトレーニングを受けて3ヶ月間の活動だったとのこと。自営業だからできるとか、実にキリスト教的な行動ではないか!と嫌味を言う気が起きない。えらそーなことを言ったっていったい何をしてきたとゆーのだ。
【言】
  はろぉ! はぃ! はうゆどーいんぐ? どこへ行ってもとにかく話しかけてくる。相方は軽口たたいて「HAHAHA!」とか笑う。あたしわハニワ。最初は人懐っこい人種だと思ったんだけど、ふと これは
警戒 音
だとゆーことに気がつく。あるいは不安解消用のアクションとゆーか、不安をマスキングする行動とゆーか。レストランでまくしたててくるのはサービスなんだよーだが。それにしてもどうにかしたいハニワわーん。


 んにゃ。

« 加州5/1-2 | Main | 加州 5/3-4 »

Comments

旅紀行、おもしろく読ませていただきました。私もサンフランシスコに行ったとき、レストランの裏方アミーゴさんたちがテキパキ軽口をたたきながら働いてるのが印象的でした。表の白人より楽しそうに見えた。旅行、行きたくなってきました~

Posted by: nanisore | 2006.05.15 01:04 PM

旅紀行、おもしろく読ませていただきました。私もサンフランシスコに行ったとき、レストランの裏方アミーゴさんたちがテキパキ軽口をたたきながら働いてるのが印象的でした。表の白人より楽しそうに見えた。
旅行、行きたくなってきました~

Posted by: nanisore | 2006.05.15 01:06 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カルフォルニア国考:

« 加州5/1-2 | Main | 加州 5/3-4 »