« リライトぅっ!個人と社会 | Main | アサーティブ心がけてもころげるアタクシ »

2006.06.13

サッカーの社会学なんちって

 時事ネタ。
 先に断っておくが(こういう事を言うと必ず叩かれるけど)私は子供の頃野球ではなく、サッカーをやっていた。足下に散らばっていたのは、グローブでなくサッカーボールだった。初めてはいたスポーツシューズはサッカーシューズだった。(今時は子供には履かせないらしい。膝に悪いそうな)
 クソ寒い人気の無いグラウンドに日本リーグを見に行った。(年がバレるぞ)釜本選手の「格闘技宣言」に痺れた。
けど、今はさして興味が無い。
 前回のワールドカップは仕事でコテンパンにヤラれまして。まーもー日本代表がなんだってんだい!ぐらいに逆恨み(?)
 今回は日本戦のある日は、人気のレストランに行く日とさせていただくのでよろしく。(あ、お願いだからオミセにテレビおかないで〜)

   よく言われる数字を口にすると色々と面倒なので割愛するけど、そこここに集って観戦した人やら、昨夜、住宅街にこだましていた「歓声」やらを考えると4年に一度のファンも大勢いるのがわかって微笑ましい。
 4年前もそうだったが(当時渋谷周辺に住んでいたので、大挙して練り歩く青い集団はマジ怖かった)便乗して大暴れというただの暴れん坊も発生しているようでご苦労な事だ。

  各局の激しいプッシュで(NHKがやる理由はイマイチ分からんが)お気づきでしょうが、ワールドカップサッカーというのは、オリンピックよりも銭が動くんですよ。放送権料も世界で最も高い。高騰する放送権料を公共の電波が支払えなくなってしまって、ペイテレビ(びーすかいびーだけど)での放送しか出来なくなってしまった事が社会問題になって、
「国民的関心事」は無料で放送しなければいけない
とゆー法律を作った英国はフーリガンの名産地。
 国を挙げて駆除するっていうのだから、渋谷で暴れているガキどもなんて可愛いもの。
あ、ワールドカップはそれほどでもないけど、ヨーロッパの試合をご覧になれば、観客席に女性がほとんど居ない事に気がつくと思うよ。まぁそういう場所なんだ。

 南米では社会階層を上げる唯一の手段が、男子は「サッカー選手になること」女子は「サッカー選手と結婚する事」などと言われたりする。(出典さがしたけど見つけられず)
 戦争の代替行為なんて言われたりするけど、サッカーに限らずスポーツってばそうなので大げさに言わない方が良い。

 世界で一番盛り上がるスポーツであることは異議が挟めない。銭も気持ちも動く。

 そう、Jリーグが発足して、鹿島アントラーズが優勝したらば、鹿島コンビナート周辺の「ぼーそーぞく」が激減したんだよ。これもサッカーの機能。いや、これが主な機能なのかもしれない。

 適当にガス抜きされて、ヤクザ(合法ヤクザ)がもうけて、なんか一体感を感じる事が出来て、ホッとする。良いように操られているようで嫌だわね。あんまり言うとまた叩かれるわね。おいらチキン〜。
 

 
 

 

« リライトぅっ!個人と社会 | Main | アサーティブ心がけてもころげるアタクシ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカーの社会学なんちって:

« リライトぅっ!個人と社会 | Main | アサーティブ心がけてもころげるアタクシ »