« 入梅(つゆいり) | Main | サッカーの社会学なんちって »

2006.06.11

リライトぅっ!個人と社会

(いつもひどいもんだが、それにもまして酷かったのでちょっと直しました) 

 日々、突きつけられているのに気にしないでいられるのは生への侵害が無い、衣食足りた社会だから?

 うつ病と言われた私の病気は、(体感的には)世間との境界が薄くなる点が病気であったように思う。
それが長期化しなかった理由のひとつは、文字通り叩き込まれた生活規範に割合忠実にしてたから・・・という気がする。叩き込まれた生活規範に引きずり回された結果の発病であったにもかかわらず。

 元気になって考えると、私のうつ病は外部の侵害を容易に許してしま外部に対して脆弱になる病気で、健康ならなんらか(意識的な根拠も無く)のルールで生きていけるのが、そのルールが無いことに気が付いて、その状況に疲れ果てていたよーに思う。今思えばよく動いていたなぁと思う状況でも、世間のルールを守り続けたし、定時に職場へ向かった。今じゃ辞めてしまったよーなつきあいもセッセとやっていた。

 やー、鬱病がフューチャー(?)されればされるほど、アンチ鬱の言動も目立つよね。言ってしまえば良いのに
おまえらはキチガイだってね。(脱線)

 躾による行動の修正は非常に非科学的なスパルタンになりかねない危険があるんだけど、完全な無秩序だと戻るところを見失い果てる。
 すると気になるのは「しつけ」ってなにさ。「行儀良くしろ」は今でもそう変わらないのだろうけど、昔に比べるとぬるいよね。(そういえば世間の7割の人が人間関係が希薄になっていると感じているそうな。そりゃ田植えの必要がないのだから当たり前と言えば当たり前なんだけど、人間関係の希薄さはしがらみがなくていいけど、自己だけで生きることが得意な人限定のハッピーで、多くの人はふと不安に気が付いていろんな方法でそれを払拭しようとして、すればするほど孤独感にさいなまされて、だから国民的行事とかに熱心になって、じつは興味なんて何にも無いのに、自主的な選択より所属の確認が優位になってしまう。あぁあ)

「お金の話をするのははしたない」これは暗に「金儲けは良くない」であったり。(村上さんが捕まった背景とまったく関係がないわけではなさそーだけど)
「肩より上を触るのは失礼」とか「女子は生ものを食べてはいけない」なんてとんでもなものもあったなぁ。(実にとんでもない!オイスター食え!)

 躾けられていないで不幸なのは子供ばかりではないのだ。
躾と称した理不尽な扱いでボコボコにされるのは別にして。
 あ、そう、コントロールと躾は違う。子供を脅すのはコントロールで自分のためにやることで、躾ではない。念のため。
 躾を通して、世間のルールを知るのだよ。世間で生きていかなきゃならないのだから。森羅万象を愛していれば及第だった牧歌的な時代は100年も前に終わっているから、色々と社会との関係を維持する方法を身につけなければならない。不安とか、恐怖とかをあおる商売は楽チンだから、方法は停滞する?低下する?
 
 学校も、会社も、家族も、外部の環境のなにもかも上手くいかずに30年以上生きてきましたよ。
私はシバシバ社会との関係で大失敗する。うつ病とか・・・。社会化が失敗したとゆーことなのかな?脳内物質が平均値と有意差ありなのかな。


 

 

« 入梅(つゆいり) | Main | サッカーの社会学なんちって »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リライトぅっ!個人と社会:

« 入梅(つゆいり) | Main | サッカーの社会学なんちって »