« 夏・幻覚 | Main | 生者の通過儀礼あるいは死ぬ儀式 »

2006.08.06

潜水LOG@東伊豆

 いやー、本数も定かでなくなくなったので、せいぜいブログにぐらい書いておきましょう。

 相方曰く350本ぐらいじゃないかという事なので、本日を持ちまして351本とゆーことで(ははは)

@伊豆海洋公園
 
 6時に出まして、到着は9時前。どうにか渋滞をやり過ごす。
本日の企画としては、さっさと潜ってさっさと帰る。
No.351;砂地から北の壁回ってうろうろ
 波、ウネリともに中辛。水温と外気温の差ののため水面は白く煙っている。
大入り。ショップの場所取り盛んな為、早くついても良い場所は無い。プールで10人横並びにしてCカード取得の講習会実施中。がんばれよー

 どかどかエントリー。水温は下がっても18度程度、5ミリで十分。
水は青く奇麗。海藻の森は今が一番にぎやかかもしれない。赤紫色の色彩が奇麗。砂地には、サービス満点のハリセンボン。ヒラメのちび助。はぜくん。北の壁海面の中にとても奇麗なチビイザリ(オレンジ)どなたが植えてくださったのかしら?
 アオリイカの卵礁を期待して沈められた木の間に、コロコロと太ったウツボさんがはまっている。卵は無し。アジの群れがダッと流れうつくしー。イラもブダイもまだ歯がキレイ。コブダイさんがクリーニングしてもらっているのににじり寄る。数秒見つめ合ってしまった。(*・・*)ポッ しかし、邪気が出てたらしく逃げられる。ネンブツダイのペア。卵持ち。卵はいろんなところに産みつけられていて。霧のような小魚(正体不明)もさらさらと。シッタカやらサザエやらがピンク色の卵胞で飾られてゴージャス。
 水路の岩の下に、オレンジイザリが2匹。本日のイザリ魚は皆さん器量よし。エステにでも行ったかというお肌のつや。うらやましい。
 水深5〜3m位はウネリが凄くてエクジットは吹っ飛ばされる勢い。不覚にもジェットフィンのアジャスタを詰め過ぎてしまい、フィンが外れず。片足だけ外して立ち上がるも吹っ飛ばされ、ちょっと悲しい気分。

2本目は、さっさと潜る!を励行せんとサーフタイム1時間でエントリ。
1本目も抜けにくかったのが、今度は全く抜けずに七転八倒。耳管が腫れて来たのが自覚できたので、2本目は諦める。しくしく。

 サーフタイムを短めにしたのが敗因か、帰りの車であんまり耳が痛むので五十肩用のロキソニンをドーピング。
多賀の蕎麦やで、桜えびせいろを食す。蕎麦はそこそこ旨いのだが、給仕の方々がテンパっていて、サービスが微妙なのが難点。

 帰りも引っかかるというほど引っかからず(どっちなんだ)多賀から3時間ほどで江戸へ帰還。近所の都市型温泉(造語)に入ってさっぱり。

 こんなに潜っているのに、耳が駄目なんですよあたくし。水中で寝ながら待っていた相方にはもーしわけない。奇麗な海だったのでひじょーに残念。耳鼻科行ってみようかしら・・・。

« 夏・幻覚 | Main | 生者の通過儀礼あるいは死ぬ儀式 »

Comments

あらら、ニアミスしてましたのね。
オイラは1年ぶりのIOPでございました。

Posted by: uni | 2006.08.06 10:49 PM

今日はどうもでした(^^)/

近所にDAN所属の耳鼻科があったから、行ってみれば?

Posted by: ちびるくん | 2006.08.06 11:05 PM

 今年は、一杯潜るんだ!土日両日は難しいかもしれないけどなるべくたくさん潜りたい!
 その為にも、耳鼻科行こうかな・・・近所にあるのね?調べてみよう。DANのお医者じゃないと「潜るの止めなさい」としか言わないもんねー。実はまだちょっと痛いのさー<ちびるくん

 ダイビングセンターの前あたりに居た?<UNIさん
 引っ越しちゃったから、帰るのに首都高通らなきゃいけないのさー、故にこの季節はダッシュで帰らないとにゃらないのよー。
 土曜日潜って、泊まって 日曜早めに帰るとゆーのがいいのかな?

 ブランクが空いても勝手知ったる仲間が居るのは、ありがたいことです。しみぢみ。

Posted by: akizo | 2006.08.07 12:19 PM

耳は大丈夫かい。風邪か、冷房の当たりすぎで風邪気味にでもなっていて、抜きづらくなっていたのでは。ま、痛いのならちゃんと医者に行こう。

私は土曜日神子元島ですた。
今年はなかなか神子元ブルーがやってこないねえ。
http://akira.moe-nifty.com/ks_diary_/2006/08/85_3807.html

Posted by: 金武 | 2006.08.08 12:59 AM

ダイビングセンターも移動しててびっくりしました。浦島太郎みたいでございます。

Posted by: uni | 2006.08.09 11:33 PM

あれ私たちもいたのだぞ。
がんばって潜ってるのだな。

耳大切にね。
浅くても楽しいいぞ(^^)

Posted by: CON | 2006.08.16 12:22 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 潜水LOG@東伊豆:

« 夏・幻覚 | Main | 生者の通過儀礼あるいは死ぬ儀式 »