« 冷たい空気 | Main | 潜水ログ@IOP »

2006.10.23

【リライト】苛められるほうにも問題がある

 
って散々言われましたな。あたくしも・・・。
 教師だけじゃないですよ、両親にも、親戚にも、兄弟にも。
 学校も、家庭も、どこにも逃げ場が無かった・・・から図書館と公園に居た。小学生ホームレス。

 へぇ、あたくし イジメで公立の小学校を辞めています。

 この経験が私の人格形成に影響が無かったらそりゃ無理ってもので、そこここに幅を利かせていて今でも時々困る。
 

 苛めるヤツのほうが悪いに決まっているのだが、「無視」とか「仲間はずれ」に代表する学校内の苛めは、集団の行為だから苛めるヤツ代表を捉えることが出来たとしても、苛める主体の特定は難しい。(一人二人をつるし上げてカタルシスに浸ったって無駄なのよ)
 
 教師は権力を持っているのだから、集団のダイナミクスの中で、大多数に反対する立場を取るには強い意志と倫理観念が必要になる。仲間はずれが怖いのは子供だけじゃない。その倫理観念をどこで醸成するんだい?成長過程で人並みの倫理観念を社会化されたとして、社会と隔絶されて学校卒業したらいきなり「センセイ」と持ち上げられる人たちにとっては非常に難しいだろうね?
 
 「イジメかっこわるい」ってコピーがかっこ悪い。(汗)どこぞの教師を叩くのも「イジメ」なんだけど気が付いてる?
そろそろちゃんと考えよう。「ひどい」「わるい」「けしからん」これだけじゃ何も進まない。
 ついでに、政治屋がフィールド見にいったって何にも変わらんぞ人気取りだけだから。

 自分のケースを考えてみると、子供ながらの階級闘争だったのじゃないかと思ってる。私が小学校に上がった頃、私の所属した 区 の人口は毎年3000人ずつ増えている。1000人増えると「風景が変わる」などと言われる。3000人でインフラの再整備が必須・・・とも。元々住んでいた人たちのストレスを数にすることは出来ないが、その流入者が、中産階級のインテリ層でまったくのストレンジャーだったらどうなるか。流入者のクセにエラそうなわけよ。一部の地主を除いて、流入者の方が上位に立つ構造。
 生活様式も価値観念もまるで違う「異物」に対するアレルギー。1世代目の中産階級の子女は軒並みイジメの対象だったから、結果からの推測だけどさ。

 私のケースは、代表的な加害者が割合はっきりしていて、その子達の10年後は押しも押されぬ非行少年となった。つまり別の問題も抱えていたということ。問題行為の中に「他者に対する苛め」が含まれていただけ。昨今問題になるのは、こういう 不良少年達ではなさそーだ・・・。
 
 いじめの主体は、代表的な加害者以外のギャラリーだ。苛めている意識さえない。「無意識の悪意」悪意ですらない、なんとなく多勢について、同じ事を言って、叩かれない位置へスルスルと移動する勘の良さを持ちあわせた、大多数のギャラリー。
 集団のダイナミクスが苛めの構造なのだから、一見するとモブである彼らの意味は大きい。そんでもって、意識は乏しい。ここが面倒で難しいところだ。
 
 ヒロイスティックなものが必要だというつもりは無い。まったく。ただぼんやりと漂いつつ、いつターゲットになるか分からない不安を抱えつつ、どうにか日々をしのぐみたいになるのもツマラナイネ。

 子供の話はここで終わり。

 職場での人間関係に問題が生じたとき。たとえば、ちょっと性格が悪くて、あるいは性格破綻者が、同僚を叩いたり、苛めたり・・・という現象が起きた場合。職場の対応としてオーソドックスなのは、

叩かれる側(被害者)に対して
「考えを変える」ようにアドバイスする。こと。  なんだと。(要するに「気にしない」を奨励する)

 性格破綻者の性格を矯正するのは職場の機能ではないけども、離職者を防ぐのは機能だから被害者が「やめてやるぅ」とならないようにするのが先決ということらしい。
 
 性格破綻者は破綻勝ちみたいな、某都市銀行みたいなかんじかしら?イイワネ
大勢で仕事してるから、困った人も多いが、共同体幻想みたいなのを求めるのを止めれば、気にもならない。

 
  

« 冷たい空気 | Main | 潜水ログ@IOP »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【リライト】苛められるほうにも問題がある:

« 冷たい空気 | Main | 潜水ログ@IOP »