« これで2000円!! | Main | 11月 »

2007.10.31

かぼちゃ大王降臨!

 イイコにしてるから、なんか下さいかぼちゃ大王。

 ハロウィンが、むりくりに世間の年中行事にねじ込まれたのは何時ごろか?

 初めての具体的遭遇を思い出すと、宣教師がワラワラ居る学校におりまして、この日は文化祭の準備の日でして。中学一年のこの日。牧師にミカンを渡された。
 奴らが来たら、これを渡して追い払え!!!(意味は一緒、言葉は違う)

 御菓子を渡さないと、本気で準備作業を妨害するので油断ならない日であった。(収集した御菓子は後で振舞われた)

 ドルイドのお祭りに原型を見るコトができるらしーが、パッと問われるとハロウィンを説明するのは結構難しい。

 英国ではガイ・フォークスデイの方が盛り上がると聴いたが本当?

 クリスマス商戦と同じで、お米の国の流通戦略にこの日は欠かせない。貰って嬉しい御菓子BESTとかが広告系のペーパーに踊るわけだ。

 キリスト教は、さまざまな信仰のカタチを飲み込む悪食ぶりだが、日本の神様はお口に合わなかったそうで、根付かなかった。(信仰のカタチが無いから無理も無い。空気とか場所とかなんだからこちとら)
 
 ハロウィンが、キリスト教以前の信仰のカケラとして残り続けている理由はなぜだろう?乱痴気騒ぎが出来るから?
 起承転結で説明できないぼんやりしたモノってのが、何気に気持ちよかったりするのかな?


 
 

 

« これで2000円!! | Main | 11月 »

Comments

The comments to this entry are closed.