« 認識と評価 | Main | 雨・走・それから »

2008.04.07

やすくに

 花見の後始末をろくにしないもんだから、臭くて臭くて通れたモノじゃない。油染みと生ゴミと、鼻の曲がるような悪臭だ。平素はあまり多くないカラス君が集会しておる。

 花の季節の朝がたには、周囲の学校から生徒が動員されて掃除をしている、私はソレを止めたくなる。「あんたたちはやらなくていい!テキヤにやらせろ!くだまいてる右翼にやらせろ!」そんなの奉仕じゃない。 


 
 生ゴミ臭い靖国は、きな臭い、いや幻臭をばら撒いて、ニュースになる。

 ・・・。自分が世の中と関わる、自分が世の中のオミソではいけないと気付かされた最初のニュースは、宮崎勤の一件であった。メディアスクラムにおののいて、集団の暴力が全国規模で行われている様な気分にさえなった。モデラーだったから。漫画好きだったから。オタキストと自称していたから。
 そしてそれは、有害コミック問題へと繋がる。
 
 親の実家の庭の真ん中には何も生えていなかった。鉢植えが適当に置かれたぐらいで四角く、何も無かった。その時代。やばそうな書籍に塩を炒って挟んで埋めた。その名残だ。

 良心の自由、知る権利と語れば、雑音が増えて実感から離れてしまうが、エロ漫画だってなんだって、よく分からないチカラが集結して、志向性を持って、人の行動を制限しようとすること。これそのものがヤバイものなんじゃない?とたどり着く。

 映画館を脅す連中らははっきり言ってマイノリティであるのに、反社会性でパワーを持つ。殺されちゃたまらない。殴られちゃたまらない。殴られるリスクを上回る程の価値があるのかそれに??
 加藤さんちが焼かれて長崎市長が撃ち殺されて、今後のお子さん方は愛国心とか教育されるんでしょ???

 右翼連中テロリストだぜ?この眼で見たものを申し上げれば、道交法を無視して、ガッチャマン流している、日章旗の痛車の持ち主と、談笑する機動隊。よく見ます。じゃまなんだけど。

 昨日、池袋を、外国人参政権に反対するデモ隊が歩いていた。全体に若かった。そのスジと思しき人が見当たらない。プラカードの文字を全部読んでも意味が分からなかった。逆かと思った。「ざいにちちょーせんぢんのーっゆーぐー云々」と聞こえて   おお っ  と理解した。

 おい。おい。

« 認識と評価 | Main | 雨・走・それから »

Comments

>右翼連中

 右翼の街宣車、中身は愛国の士でもなんでもありません。ついでに言うと、その国籍のほとんどが日本人ではありません。生まれてこの方、右翼の本拠地の隣に住んでいる私が言うのですから、間違いはありません。

Posted by: Guru Guru | 2008.04.07 07:02 PM

花見の後の、悪臭とゴミ。ほんとに同感。
花見やるならゴミ持って帰れよ!って思う。
ご親切にも役所が巨大ゴミ捨て場なんぞを公園のそここそに作ってさ、せっかくの景観があったもんじゃない。

この雨で、桜も臭いも洗い流されて、お祭り騒ぎはおしまいですな~。

Posted by: とんぼい | 2008.04.08 09:46 AM

The comments to this entry are closed.

« 認識と評価 | Main | 雨・走・それから »