« まき チチ | Main | 走って潜る準備 »

2008.07.29

にきゅ

にきゅ

  こちら後楽園の馬専門店が牛専門で浜松町でやってる店(ややこしいな)

 もも肉200g頼んだのが、オーダミスで、盛り合わせが2人前になって出てきた。「お肉たくさん食べますか?」と問われ「自信はあります」と答えたら、わらしべ。ちょいと冷めていたが、勘弁したる。
 ヒレの味噌ダレがよかですね。
 酒は、アルゼンチン の テンプラーニニョ(てんぷらーににょ、なのか、てんぷらにーにょなのか良く分からん)タンゴ。ミセで2000円、お徳お得。

 このテのミセで、気の利いたお給仕が受けられるわけも無いともうすっかりあきらめている。しかしまぁ、気が気かないっつーか、自分に酔うなよオネーチャン!と、気持ちと意味のないノイジーな言葉に辟易するわな。対象物があっての言葉だろー(--?
ビールがまずくなるよ。せめて黙っててくれないかな。
 なんて、考えていると頭痛がする。しばらくすれば、雷雲立ち込め、とどろく雷鳴、どっしゃぶりんっ。夕立ってのは、4時ごろに降るもんだったような気がするが、マレーシアのごとく夕飯時の土砂降りだ。

 〆の焼き飯は20分経ったって出てきやしないが、落雷で山手線が止まってることをアナウンスしてくれる。でもって、復旧時刻も教えてくれるが、間違っている・・・。
 センターは一生懸命頑張ってるんだろうな~。
 下々まで伝わらないのだろうな~。と思いめぐるが・・・自分世界から出ない人に、外界の人を心地よくさせる方法を教えても無駄なんだろうな~。などと思う。

 コレだ。実際に起きた事実を分析して抽象化してみましょう。なんか分かるかもしれないよ。

 自己客体化なんて言葉がありまして、自分を客観的に見て 客体 「化」 とする。これがスべると過剰適合しちゃってイタいことになる場合もある・・・。イタタ。
 自分の判断と世間の判断は違う。同じまな板に載せると、「わたしはこうだからこうだ」という至って主観的な結論に終わる可能性が高い。なぜなら、世間のことを語るパワーが、私を語るパワーにかないっこないからだ。(プロは世間を私以上に語るけどね)ただ主観的なメッセージは、私のストーリーに共感やら、興味がない人には沁みない。いや、ある程度しか沁みない。興味レベルと比例するから、相手の私のストーリーにのめり込んでいるあなたは、恋でもしてるんだろう。
 よほどよい条件でもそろわない限り、至って主観的なメッセージは伝わりにくい。だから相手に物事を伝えるとき、自己客体化は不可欠だ。「いらっしゃいませぇ~どうぞごらんくださいませぇ~」のアパレル系店員の立ち居振る舞いに苛立ちを覚える時の一番は、客を観察もせんと、絶対に着そうもないモノを持って来て勧めるときだ。オイコラ。

 観察者は対象者に対して客観的で中立であるのは当然のことだが、観察者は、対象者に問題が発生した場合良心的に接し、問題解決を手助けしなければならない。

 2系統の経験が繋がるのは↑ココね。私は良心的な観察者ではなかった。問題解決に動かなかった。

 食事をしたり、海に潜ったりするのは、主観を満たすけど、客観を満たすのは、経験やら、想像力やら、冷静な気持ちだったりするのだろう?自己客体化。いつも忘れずに居たいのですがね。
 

« まき チチ | Main | 走って潜る準備 »

Comments

そういえばさぁ、ひつじちゃん苦手っ。なんて言っておいて、こないだのグリル?はほんと、うまかったーーー。

でも、うししゃんもやっぱり好きっ。

客観的にものごとをとらえる力と、伝える手段、方法も身に着けなくちゃと思う。うん。
あたし、言葉足りないしなぁ。。。(←頭悪いコみたい・・・--;))

Posted by: とんぼい | 2008.07.30 02:16 PM

The comments to this entry are closed.

« まき チチ | Main | 走って潜る準備 »