« たべよ | Main | 海に行きましょうお嬢さん »

2008.09.27

極上でぃなぁ

 ムルソーがなんだとか、こーとろてぃがどーしたとか、総てはこの夜の為!

 六本木のおーせんてぃっくなフレンチレストランで繰り広げられる極上ワインとお料理の夕べ。

 に行って参りましたよ。

 お友達のご紹介。ドキドキでんがな。先ずは、分厚い絨毯とフランスで高級で、ずらっと並んだ、シルバーとグラスにクラクラ。ウォーターグラスまでビッチリ並ぶ。あーどきどき。
 でもね、お醤油の匂いがする気がするの。おしょーゆ。

 シャンパンで乾杯っ!

 終始にこやかなシェフからお料理のご紹介。

 毛ガニ枝豆のさらだ、アボガド添え。アボガドはリンゴと一緒に1週間熟成させるのですって。適度な固さになるのだね。
 野菜のスープは、ラードでバジルの香りをつけてますの。小さなさいころに切られたお野菜と、ふくふくのチキンが超おいしいの。バジルの香りがふぃい〜って。さわやかん。で、もちょ旨い。野菜が野菜がしみるぅ。
 伊勢エビの蒸し焼きソースクルスタッセ。クルスタッセは甲殻類ということ?エビさんはさっきまでお元気で、この季節のものが一番美味しいとはシェフの談。ソースは案外とあっさり。でもこっくり。おいしひ。きゅーっ。
 和牛もも肉の香草入り塩包み焼き。香草は控えめで。奇麗な赤味の、極上のローストビーフ。霜降り肉より、赤味が好きなんですあたし。フランスぢんになれますか?
 
 洋梨と蜂蜜アイス。洋梨とパイはあったかなの。あいすくりぃむはちべちべで、蜂蜜はエロいの・・・って。
 もっとえろいのが、ふろまーぢゅでふらん。(おふらんすのチーズ)

 ウォッシュばっかり3種類ってゆーチョイスも随分荒っぽいけど、すべて、とってもギリギリ。限界の熟成をして登場しました。おとなりさんから、シェーブルも頂いちゃったりして、びばちーず!すごいぞチーズ!素人の保管では絶対になしえない究極の熟成。くぅう。

 シャンペンの銘柄は聴き損ねました。リンゴっぽい雰囲気。おいしー
 
 ルモワスネ・・・のモーリス・シュバリエのムルソー。
 奇麗な金色。練習したものより、ぐっとドライ。日当りの良い縁側のにおいとゆーか、カラリとした空気の匂い、これが、硝煙のよーに変わって行く。
 ソムリエ氏をとっつかまえて、教えてくん。
 ペトロールの匂いとは、揮発油の匂い・・・日本酒でゆーところの、セメダイン?ちょとちがうか、
 これが、お料理食べるともうパワー全開。いくらでも飲めるぅ(@_@)ぁあああ。

 ルモワスネさんはちょーかねもちで、赤ワインの多くは自力で醸造しているけど、白は腕のいい醸造家からそのまま買い取ってくるそうで、今回のは、モーリスさんのムルソーってことでし。良い商売だなぁ〜。いいなぁ。

 コートロティはロスタンのもの。練習したものより、明るく飲みやすく、スパイス!とゆーよりはーびぃ。ハーブっぽい。これまた美味しい。シラーシラーですよ。びばびばば。

 すっごい充実。お誘いいただいてありがとう。

・・・飲み過ぎたかもしれん。

その後、再び某ビオワイン屋へ・・・閉まっているのをこじ開けて、ヌーボーの予約。ふぅ。

 

« たべよ | Main | 海に行きましょうお嬢さん »

Comments

うおぉっ、うWおぅっ、うおおおぉっつ!
「その場に私もいたかった」っちゅう叫び。
お互い、セレブ週末、じゃったのお。
次回は、ぜひぜひ、まぜておくれやす。
最後の、ビオワイン屋、ヌーボー、にも食いつく。
最近、ワインのことばかり考えてて、頭がおかしくなっちょります。

Posted by: hi茶 | 2008.09.27 04:51 PM

予定がバッティングしていたとはいえ、そっちにも行きたかった。チョ~いぎだがっだ。

でも、鼻が詰まってたらアカンなぁ。

よかったね、美味しい経験ができて。

Posted by: okurala | 2008.09.27 08:51 PM

ほひひ♪ 予習の後は復習だ~。


るもわすねの3000円くらいのワイン。
ネットでにらめっこ・・・。どぼじよう。

Posted by: とんぼい | 2008.09.27 09:07 PM

 んー,これ読んでいると昨年行ったパリのワイン博物館のランチは,すごく「お買い得」だったことが良くわかる。

Posted by: Guru Guru | 2008.09.28 01:13 AM

ワインがダメなわたしはいろんな楽しそうなお話し、指くわえてよんでます。
なんかすごい人生損した気分がする

Posted by: ゆきえもん | 2008.09.30 03:24 PM

The comments to this entry are closed.

« たべよ | Main | 海に行きましょうお嬢さん »