« ここんとこの読書 | Main | 物事が動くときはイキナリだ。 »

2009.01.30

華麗な飯

彼居まい(否定文)なんて、ヘタな放送作家より賢い誤変換・・・。

 カレーの為に生まれた、華麗なお米。華麗米↓


 写真は飯と卵だけでんがな。これにカレーをかけると・・・・実にうまーーーーーーーいっ。

 インディカ米は東南アジアで食べなれている、すてぃんきーライス(ジャポニカ米)は魂の米だが・・・。

 この飯。旨い。メシだけでも旨い。長さは長粒種と短粒種の丁度半分。適度にハラハラと解けるゆるーい粘性と、もち米を思わせる ぽっちり した歯ごたえ。香りはほとんど無く、ドライな雰囲気だけど、この ぽっちり が旨い。
 カレーをかけると止まらない・・・めたくたに旨い・・・けど。

 ピラフなんかのほーが、さらに旨いよーな気がする。牡蠣とパセリとバターのピラフなんか作ったら、狂うね、絶対。

 

« ここんとこの読書 | Main | 物事が動くときはイキナリだ。 »

Comments

The comments to this entry are closed.