« えんがちょーん | Main | チャーリーと一緒に »

2009.05.20

主夫なら家事せよ

 本人だって辛いんだからカワイソウとか、言いすぎだとか、もうちょっと我慢してあげてとか・・・とか
今は、言わないでいて欲しい。そんなこたぁ、死ぬほど分かってる。なにしろこの状況と半年付き合ってるんだ。毎日嫌って程分かってる。お釣が来るほど分かってるさ。

 こんな記事
要旨はこの不興で主夫が増えているというオハナシ。

 アタシの見立てだと、所得の低い女性は低コスト名労働者としてまだ雇用があって、今の経営方が切りたい、高所得なポジションにいるのが男性がおおいっつーのもあるんぢゃねーか?

 ゴミが出せるようになるまで1ヶ月。調理場のステンレスを拭くようになるまで2ヶ月・・・。(ごくたまにだけど)

 全自動で乾燥までする洗濯機だってその後フタを〆たままだとカビ臭くなるんですけど・・・。

 廊下にこぼれたコーラを指摘すれば「明日やっておく」と言う。22時。私は清涼飲料水をほとんど飲まない。(背が伸びなくなると脅されたトラウマだ)。
 
 明日ってなんだよ?乾いてベタベタになった床を拭いて戻れば高いびき。

 レベルの差は仕方有るまいよ、社会化の過程で、そーぢなんて「オンナの仕事」として刷り込まれたのだろから、まずその意識を変えて、小学生の気分で習熟してください。除菌スプレーで床を拭いたとしても、今的には正しいかもしれないし。

 休日に家事をまとめてやるのは共働きの宿命だが、それを少し減らしてもらいたい。それは無理なお願いか?

 相変わらず有給とって掃除をするのに疑問を感じるのはおかしいことか?

 GWは掃除ばかりしていた。おかげでしばらくキレイだった・・・。

 「これと これと これと これを こういうふうに こうして こうやってください」と説明しないと夫は家事が出来ないものだ。と多くの人から聴いたが。アルバイトさんにお話しするように?半年たったらアルバイトさんでも分かってくれるんじゃないのかな?

 しかしながらこれは些細な日常で、ある条件を備えると 実にオトコラシイ攻撃をかけてくる。
 もー勘弁してください。

 自称主夫がいるばっかりに、胃壁薄くしてる人は少なくないと思うのだけど、どーかしら?

 GDPが過去最低だって?
  


 

 

« えんがちょーん | Main | チャーリーと一緒に »

Comments

σ(^^)は洗濯もするし、ご飯の支度もするし、ゴミ捨てもするし、お掃除もたまにはします。
なんて、いい旦那様なんでしょう(^_^)v


いやぁ、不景気だのぉ。。。

Posted by: ちびるくん | 2009.05.20 at 02:37 PM

主夫(独身だけどな)20日目です。まあ予定が何もなかった日は3日間だけだけど。
 
オレの場合は掃除しなくてもキレイな家を、誰かに少し散らかして欲しいですわ。あと美味くできたときは誰かに飯食って欲しい。
 
掃除も料理も洗濯も後片付けも味気ないよ。今日は吸い取りゾウさんとコンバットを全替えした。
 
英語でも勉強してハッシュに行くか……orz

Posted by: モジャ | 2009.05.20 at 03:37 PM

 ちびるくんエラいじゃん(^^)。しかしながら、うにこちゃんの採点もお聞きしたいわ。
 
 >かに飯食って欲しい

 しみぢみしますな。あたしは、誰かが来るのを待ちながらの料理が好き。待たせて作るのは、どーも焦っちゃってだめなんだなぁ~。

 

Posted by: akizo | 2009.05.21 at 12:47 PM

ず~っと主夫になりたいと言ってきましたが、なにか?

Posted by: okurala | 2009.05.21 at 06:41 PM

私も主婦生活に突入~
時間の使い方がまだイマイチへたくそだわ・・・
掃除は土日に旦那と二人でしてたけど、
平日にやっとくと休日が有意義に使えるようになるねぇ

Posted by: カンカン | 2009.05.22 at 12:26 AM

おおおー
産休だねぃ~。
いよいよってかんぢじゃね(^^)
誕生後は、時間の使い方云々なんて言ってられなくなるのかな~(笑)


 でだ、

 男子諸君よ、もし、私は立派な 主夫 だ、と主張したいのなら、

 是非、同居している 女性の意見を聴いてくだされ。

  えぇ、是非。

Posted by: akizo | 2009.05.22 at 12:24 PM

えー,うつ病の初期段階が疑われます。

Posted by: Guru Guru | 2009.05.22 at 05:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« えんがちょーん | Main | チャーリーと一緒に »