« ちきんまんっ | Main | にくっ »

2009.07.05

気温と湿度とオハダの問題

 汗かき対策の品々↑ロッカーには更に色々ございますのよ。

 持病 あせも っつーぐらいの汗かきでございます。ついでに チャリ通とかしますから、職場でエンガチョされない為に色々工夫てございますた・・・ら

                  お肌ボロボローーーーーーーーーーーーーーっ!!!!

 クリニークのロールオンで、激烈に被れてまだ痒いっつーのは、分かりやすい現象でして・・・(※この商品は大変評判の良いものです。アタクシは意外なことに無駄に肌が弱いのでこーなったと思われます)

 確かに、冬でもないのに、手がパサパサとか、関節の内側の部分にブチブチとか、皮膚の薄いところはおおむねブチブチとか、ついでにダニにやられてボリボリとか・・・(いやーん)

 ここ数日は、水泡が化膿しがちなので思わず潰してして、アルコール染みてもだえたりしてます。(バカ)

 人工香料が苦手なので、若かりし頃からこの手合いはあんまり使ってませんでした。デオドラントスプレーの臭いがどーにも辛くて、硬くしぼった手ぬぐいで拭けばOKよぅ!などととしておりました・・・が、食生活が変わったせーなのか、かれーしゅーって奴なのか(個人的研究によると 女性なら分かる(DNAを傷つけられるような) あの 「おえっ」 となる 男性の臭いってのは、年齢さよりも個人差の方が強いように思う)湿度が上がると体臭が気になるのは自然なこととはいえ、季節変動以上ではないかという気がして、対策君なのでございます。


 お風呂に入ったら・・・


 爽快バブシャワー!!
湯上りさらさらですずしーです。下手すると風邪ひきそうな勢いで(笑)

 で、お出かけ。

 会社ついたら・・・

 顔洗って、濡れ手ぬぐいで体拭いて、パウダーシート拭いて、スプレーかけて、頭はコレだ!(使いすぎると頭にトクホンモードでかなりキます)〆に香料入りのペーパーで耳の後ろやら首やら拭いて・・・。


 あ、こりゃ荒れるわ。粉つけて、拭きすぎ。(--)

 すぎたるはおよばざるがごとうさん。

 ロクシタンのアイスジェルっちゅーんが(どういう理屈か分からないが)しばらく、ひっそりスースーして、いい感じです。パウダー入ってないからペトペトするけど・・・。

 やっぱり、かったく絞った手ぬぐいが一番ってことかしらー。


 

 

« ちきんまんっ | Main | にくっ »

Comments

私もウルトラ汗っかき(無駄に汗腺発達)な
のでわかるよ…。
汗っかきすぎると皮膚が汗を排出できなく
て汗疱(かんぽう)ってものが指なんかにで
きて寝ている間にモリンモリン掻いてしま
い朝には大変なことになっていることしばしば…(;´Д`A ```

ブラによる汗湿布であせもになるのがこの
ところの最優先対策事項じゃよ…。

とりあえず職場についたら胸には手ぬぐいを
はさみ、背中にはタオルをいれている。
首からタオルの端っこがちらちら見えてるがキニシナイ…。

爽快バブシャワーは去年調子に乗って最強
の奴を買ったら寒くて死にそうになった…。

ちなみに手ぬぐいはあっつあつのほうがいいみたい。
パウダーシートよりは手ぬぐいで拭いてか
らシッカロールみたいなやつのほうがほんとはいいよね。

あたまに噴霧するやつ、買ってくる!

Posted by: ゆきえもん | 2009.07.07 11:20 AM

あのさ、介護用の体拭きシートってどうかな?高齢者向けだったら、お肌に優しいよねぇ
(それこそ手ぬぐいで十分な気もする)

 あたいも、カンポウできる~。冬生まれだからかと思ったけど、夏生まれでもできるんだねぇ~。
 昨日は、カンポウの直りかけんとこを、ヤスリのよーな自家製チョークで、しどど削っちゃって、痛かったわん。
 でもね、小麦粉って傷みを緩和してくれるの!すごい発見だと思わない?

 爽快バブシャワーは、皮膚の微妙なところに付くと、しばらく微妙な状況になるから注意だ!!

Posted by: akizo | 2009.07.09 12:39 PM

私がhashで使っているからだふきは、その名も
「からだふき」というでっかい肉厚紙おしぼりみたいなやつ。
「お風呂に入れないとき、介護に」みたいなことが書いてあったような。
でもパウダーいりじゃないからサラっとはしないんだけど、
からだふき→パウダーシートと二度ふくとかな
りいいかんじなので愛幼虫。
曙橋の100円ショップで売っていたけど、いる?

小麦粉が効くのって、冷やす作用かね?
ジャガイモのすり下ろした奴がしもやけに効く、みたいな。

バブシャワー…。そこは皮膚ですか?

Posted by: ゆきえもん | 2009.07.09 03:13 PM

The comments to this entry are closed.

« ちきんまんっ | Main | にくっ »