« 二人の叔母 | Main | マトモな世界で »

2010.02.12

呪詛

 そうね、それは長野オリンピックのときだったから10年以上前の話。

 たいして親しくも無い人にこう言われた。

 「駄目なオトコと結婚して苦労しているところを見てみたい」

 今の状態で、ご満足いただけますか?夜逃げでもするぐらいでなければ足りませんか?

 似た構造を持つ台詞で「分相応ってことじゃない?」とも言われた。これは最近だが。

 逼塞して生活するのが相応と判断されるっつーのは、実に嫌な気分であった。


 元気なときにはこんな呪詛、はなもひっかけねぇが、弱ってくれば、その呪いがポコポコと沸いて来て嫌なものですな。

 あーーーーーーーーーーーーーーしにてぇっ!!

 と言っておこう。


 
 

 

« 二人の叔母 | Main | マトモな世界で »

Comments

The comments to this entry are closed.