« ぐったり | Main | メガビタという戦法 »

2010.06.14

応援団からセコンドへ

丹下健三でも、丹下左善でなく、段平


 3か月経ちました。

 状況は良くないです。本人がしんどそうなのが、何よりつらいです。

 もちろん、

 一時的なものです。総力を結集して、良い状態にするのです。

 応援団だなんて優雅なもんじゃなくて、立つんだジョーぉおおおっ。ジョー!モードに切り替わったアタクシ。セコンドだよセコンド!

 ただし、燃え尽きるのは禁止。

  
 3週間ほど前から、腰が痛い、足が痛い、歩けない。という状況が続いていた。

 痛みがひどく、実につらそうであったが、今回の入院以降、明らかな悪化を見ている・・・。


 

 3か月。私が一番、ガンを恐れていたに違いない。だから正しい判断が出来ていなかった。びびるあまりに、副作用ではないか?と気が付くことから逃げていたということ。
 ダメすぎる。共存できればいいだとか、メタな思考だとか、食事療法さえやっとけばと・・・それは、生ぬるく、臆病者の言い訳で、具体的で有効な、情報収集も戦術の提示も出来ていなかった・・・ということ。


 病室の先輩が言う。「副作用が出ないなんてことは絶対にないよ!」「1回目は10叩き、2回目は100叩き、3回目は1000叩きの刑だから、この薬は!」

 痛くて、メールも返せない、食事も出来ないという状況で・・・、ロキソニンをリンサンコデインに変えてもらったと聞く。

 ふと思い浮かぶ。筋肉痛だから、アミノ酸?バルクアップにはLグルタミンだよなぁ・・・。

 調べてみると、あっさり出てくる。タキサン系の抗がん剤の副作用防止にグルタミンローディングをさせる@アメリカ とか、かんぽーやくのなんたらよりも、グルタミンが効いたなど・・・。

 自宅のアミノバイタルを引っ掻き集めて病室に行く。気がつくのが遅すぎる、ひどいことをしてしまった、もっと早くに気づけよ自分!!悔しくて涙が出てくる。

 びびる余りに、ナチュラルなものでなければダメだとか、メガビタ教は卒業だとか(過去の杵柄という責任を取りたくない、もしくは、素人だからという言い訳の確保)宣言して、穏やかで無力な自分を装って、闘うべきところから逃げていただけだろう?

 リンサンコデインを飲んで、背中にモーラスハップを張って、痛みに耐えている。話すのも辛い。

 ロキソニン→リンサンコデインで、次はオキシコンチン?なんだ、そりゃ、定型のガン性疼痛対策じゃないかっ!
抗がん剤の副作用だとかは、当事者は一言だって聞いちゃいない。ただ、鎮痛剤だしゃいーってもんじゃないだろう?

 湯たんぽ出すなり、工夫してくれよ!(これは無理)一発ググっただけで素人うだって見つけられるとゆーのに!!!(この10年で格段に向上したと言われる医療サービスではあるものの、画一的な保健医療のネガティブな面をよく説明している)

 あ、これが、ガンの標準治療なのか・・・。
メディケア(貧困者向けの最低限の医療)レベルじゃねーかと、病室でひとしきり憤慨して、ドタマがセコンドモードにチェンジ。任せてられっかよ。

 3カ月もたっちまった!

 巡回の、若手医師に、Lグルタミンについて聴いてみる。もちろん、知らない。この上司からにして、プロポリスについて尋ねたときに、サプリメント全般としての回答しか出来なかった。
 総力戦なのだから、どんな手を使ってだって、軽快させるようにしてください!ガンと闘わにゃならんのに、副作用相手にしてる暇も、体力もないです!!!

 病院に頼らない、自力で、闘って勝利する。アタシはセコンド。

 結局、物分かりのイイ、素直なキャラよりも、怒りキャラの方が、戦闘能力高いよね?っつーか、もともと、向こうっ気とけんかっ早いのが取り柄(?)だったよなアタシ・・・。

 もうびびらないぜ、ごまかさねーぜ、おとなしくしてたら神様が助けてくれるなんてーのは都合よすぎる。
リング叩いて、闘う相方を鼓舞するんだ、絶妙なタイミングで効果的なゲキを飛ばすんだ、場合によっては血だって鼻血だって止めてやる。

 
 ぜってぇ、直してやっから!


 若手医師、その後調べたそうで「Lグルタミンの情報ありました」と応えたそうです・・・。ざっつおーる。

 で?

 どないしてくれまんの?

 調べた努力は認めましょ、ことさら不信感も感じませんよ。そういうシステムでお仕事されてるんでしょうから。(つーか、民間企業だったら、デキねぇ奴のレッテル貼られるけどね)
 ボディビルジムにでも殴りこんでも輸入してでも自分で入手しますよ。

 セコンドだからね。


 


« ぐったり | Main | メガビタという戦法 »

Comments

そっちのがキミらしいぜ
ボクはそれで良いと思うんだ

Posted by: くすくす | 2010.06.15 12:40 AM

アタシもそー思う
仏教の本読んでる場合じゃねーだろっ!
気がつくの遅すぎ!

 今からやる。すぐやる。絶対助け出してやる。

Posted by: あきぞ | 2010.06.15 06:21 AM

闘うのは良いが相手間違えるなよ。病院、医者も使うところは使ってこそセコンドってもんだでよ。

Posted by: けるる | 2010.06.15 11:21 PM

もちろんよ、わかっとりますがなご心配には及ばない。
お医者に喧嘩うってどうするのさ。
 お医者にまる投げしないということ&最大のパフォーマンスを発揮していただく…ということ。
 で、こっちで出来ることは、怠りなく実施するということ。

 Lグルタミンの粉末をGETして、飲んでもらったら、「ちょっと良くなったかも」と本人談。痛みが楽になればね~。
 ボディビルの知識がこんな時に役に立つとは…(苦笑)。免疫力もあげてくれるみたい。

 とにかく…横になって眠れるようになって良かった。

 これで体力戻して、ガン細胞をやっつけていこーぜ。
 

Posted by: あきぞ | 2010.06.16 07:27 AM

The comments to this entry are closed.

« ぐったり | Main | メガビタという戦法 »