« いまだ正気ではない | Main | いわゆる本番 »

2010.07.23

粛々と・・・やれるわけねーじゃねーのさ

 事務系、ヒトヤマ超えたかな・・・。

 一番手前の小さな山ね。
 葬儀費用、医療費の精算、 社会保険関係・・・などなど・・・。

 お通夜のビールが101本というのはご愛嬌。流石です。してやったっ!


 書類上、どんどん死んでいくというのは、往復ビンタのようにさえ思える。それともなんかの練習なのか?というわけで、なんかの練習。その後の事務処理の件を書く。


 休みを貰って役所にいく。

 チャリンコで走る間だって涙出てくる・・・ちくしょう。

 

 本人の死亡について証明する戸籍が必要になるわけですわ・・・。

 区条例で、戸籍の使用目的を証明しないと戸籍は取れないんですってよ。
よって、書類ならべて指先確認しながらどうにか出してもら・・・。

 ノブガキの籍に入ったのは3月ですか?

 今年3月ですね?

 どうして亡くなったんですか?


 これだ、これだよもぅ。結局、3月からのいきさつを、ヨソ様に3回も説明するハメになる。言いたい事は分かるけどもね、死亡診断書提出したじゃない。肺ガン書いてあるじゃん!

 7年前から事実婚をしていまして・・・

 それを証明できるもの有りますか?

 川崎市役所には「見届けの、妻、夫」の記載をしていますが

 ここではそれは見れないのでー

どうしろと?宴会参加者の署名ボードは流石に抱えてこなかった。

 結局別の職員にチェンジして、また最初から。
「7年前に事実婚としましたが、本年3月にガンが見つかったため・・・」

 涙は出なかったが、足元がグルグル回るような思いだった。自業自得?そういうの?

 で、印鑑証明を取りに言ったらば「外国人」の列に案内された・・・なぜ?

 覚悟の上で事実婚だったとはいえ・・・もうちっとなんか、デリカシーを期待してしまったんだ・・・。


 事務処理が進めば進むほど、彼と社会の接点が切られていくようで嫌なんだけど、システムだから乾いてないと故障するわけよね・・・。

« いまだ正気ではない | Main | いわゆる本番 »

Comments

世の中には、いろんな悪い人がいて、こういう、役所を作り続けているんだね。レベル違うけど、私が何年もかけてためた自分の財形を、一日50万円しか引き出せないっていう悔しさを味わいました。

Posted by: しーちゃん | 2010.07.23 03:07 PM

 お役所にはお役所の言い分があるのだろうけれど、一部の悪事を防ぐためか何なのか、善良(本当か?)な一市民が嫌な思いをするとゆーのは、社会の嫌な面でございます。

 給付金の申請書なんて、失礼極まりないもんね。ホント嫌っ。(><)年金なんて、もっと嫌な思いするんだろうなぁ…ぶつくさ。

Posted by: あきぞ | 2010.07.23 08:32 PM

でも、この役所の態度が事務的なことがいい場合もあるのよ、ぶっちゃけ。
離婚の時、そう思ったよ。でも、それくらいかもね。

Posted by: にゃお | 2010.07.23 10:01 PM

そう言う時は、事情届として顛末を書いた紙を一枚作って添付する。
そうすると、事務手続上スムーズで、何度も説明しなくても済むんだな。
それから家の
相続登記、車両の名義変更登録をしないと、故人名で来年、税金の支払通知が来てしまうのでご留意下さい。

Posted by: 虹の戦士 | 2010.07.24 08:29 AM

The comments to this entry are closed.

« いまだ正気ではない | Main | いわゆる本番 »