« 君のシーン(追記) | Main | 落書き »

2010.08.18

もうすこしだけ

 そろそろ、末期、進行ガンについて、家族や医療について、ちょっとだけでも書かないといけないと思うのだけど、今でも、こんな風にヘラヘラしていても、やっぱり、どうしても、その事を正面から捉えることが出来ない。

 だから、色々買い集めた本を片付けることも出来ないで居る。

 生還者の体験集など、手も触れたくないというのが正直な気持ちだ。

 平日の夜、一人で家に居るのが嫌なので、なるべく出歩いている。節約せにゃならんとも思うのだが、肝臓を休ませた方がいいのだろうけれども、あと少し、飲み歩かせていただきたい。

 食事の場所を変えたとしても、あの家で、一人で夕食を食べることは、一人でビールを飲むことは、例えようも無く辛い。

 5時~8時の間は、相方と話す時間であって、身についてきたような気がしている。リビングでも良いし、ベッドルームでもいいし・・・たまには屋上だっていい。暑いけど。
 物理的なものから開放されているとこーいうところで便利ね。

 元々ロングスリーパーなのに、3,4時間睡眠が続いてるから、山手線を爆睡して回ったり(あぁ情けない)、昼間のパフォーマンスが悪かったりするのだけど、この朝の時間はかなり大切。
 今朝、本格的に食器洗浄器が壊れて、そっちに時間を使う羽目になったら、なにやら、消化不良なんだもの。
まだまだ、これは必要なこととゆーわけだ。


 季節モノの業務でなにやら忙しい。復帰プログラムに含まれる「業務」も設定されている。

 お礼の品の件も詰めねばならず、世間で言うところの納骨等も考えねばならないのだけれど・・・
 可能であれば、もう少し時間が欲しい。

 相方の声は聞こえないから、自分で決めて、自分で動かなければいけないのだけども、動く理由を、受け止めるのに躊躇している。

 必ず果たしますから、半年とか1年とかゆー単位じゃないから、あともうちょっと時間を下さい。
必ず、やるべきことはしますから、あともうちょっと、ぐだぐだと考えたり、誤魔化したり、のた打ち回ったりする時間を下さい。

 情けなくてすいませんが、あともうちょっとだけ、お願いします。
 

 

« 君のシーン(追記) | Main | 落書き »

Comments

気持ちは追われるし、あたまはぐるんぐるんだけど、焦らなくていいと思うんだ。
早くしろってけしかけるのは自分自身じゃないのかい?

Posted by: ゆきえもん | 2010.08.18 02:57 PM

 いやぁ、そろそろ身内からの「非常識」とゆー台詞がちらりほらりと聴こえます(苦笑)

 早く早く、ちゃんと、ちゃんとっと思いすぎて滑るのはご指摘の通り・・・。

 でもさ、順当に召されたわけじゃないんだから、ちょっと準備に時間がかかるの・・・お目こぼしいただきたいのさ。

Posted by: akizo | 2010.08.18 06:33 PM

The comments to this entry are closed.

« 君のシーン(追記) | Main | 落書き »