« 正真正銘 風 | Main | みつき »

2010.09.27

栗をむいたりしてたのは

 昨日は時間があったのに、

 栗の皮をむくことも、

 なにやら果物を炊くこともしなかった。床屋と眼鏡屋で力尽きて、ぼーっとしていた。

 相方が有職であったときは、今の時期は概ね出張してたと思う。
で、居ない休日には、栗の皮をむいていたと思う。

 栗ご飯やら、渋皮煮やら。

 しかるに、それを彼が食べたかどうかはともかくとして(ともかくだった。これは我々の間の非常に良くない、解決すべきだった問題)

 ターゲットのハッキリした儀式のよーなものだったんだな・・・。

 久しぶりにイタリア食材を買いに出かけても、まったく気分が対して上がらないのもその関連事項で。結局の所、趣味趣向の半分を預けていたわけだから、今、その半分が足りない。

 結局、在庫の補充程度で帰ってきてしまった。


 もてるでしょ
 もてるよね
 その点安心だよね


 大勢の中に居ると評価は相対的なものになるわけだから、その評価の確からしさは非常に疑わしいわけだけども・・・・アタクシ↑なワケなんで、ちぃっとも嬉しくもなんともないし、対比的に安心どころか、不安が拡大してみたりする・・・。

 極めて絶対的なものだから。余人の入り込む余地はないのだ・・・この過ぎていった記憶の当事者には一切の作用が出来ない。

 逃げ回っていた、相方方面家族への作用をそろそろせねばと覚悟を決めてみる。今年中に終わらせないといけないんだわ・・・そもそもが・・・。

 あー、嫌だ。嫌だ。でもやらねば、君を繋ぐためだから。


 もてるから・・・と言われて、こーーーーーーーんなに落ち込んだのも初めてだわ・・・。

 もてたって、なんのやくにもたちゃしねーんだよっ。。。。。

 

 

« 正真正銘 風 | Main | みつき »

Comments

食材って…なんだろう…?

Posted by: BlogPetのうさぎのなかのうさぎ | 2010.09.27 03:28 PM

 自ら変えることができない状況では、人は祈りによって平安を得る。

「(主よ、)変えることができるなら、変える力を与え、変えられなければ、それを受け入れる平静さを与え給え。そして、その違いを見極める知恵を与え給え・・・。」

やさぐれてる?(u_u。)

Posted by: 虹の戦士 | 2010.09.28 10:15 AM

あーふぁめーしょん?

 乗り越えられないものを受け入れる強さを。

 下さい。

 って獲得していくのよね。そのガッツをくださいと言いたい。

 ものすごいヒトリになるから、それを乗り越える方法は、慣れなのか、納得しうる知恵の獲得なのか…

 
 

Posted by: あきぞ | 2010.10.03 10:24 AM

The comments to this entry are closed.

« 正真正銘 風 | Main | みつき »