« 栗をむいたりしてたのは | Main | もがりの時間が終わりつつある »

2010.10.03

みつき

 3か月過ぎました。

 30日に友達に子供が産まれました。一緒に年越しして、年明けてすぐに妊娠が分かったから、相方と二人で、「お酒のませちゃった~っ」と動揺した彼女の初めてのお子さん。

 3カ月経ったら、もうちょっと、あるていど、考えをまとめたり、一つの結論を出せるようになっておく予定だったのだけれども…。

 いまだ至らず・・・。涼風の影響下でむしろ情緒は安定を欠いている。

 

 嫌な表現がある。

 ものすごい嫌なの。

 今どこに居るんだろうね?と、言われると・・・

こちとら3カ月死に続けているんだから・・・。

 と思う。そこいら中に居るとおも思うし、どこにも居ないと思うし・・・ただ間違えが無いのは、話すことも、触れることも出来ないということ、お互い、どうやっても作用出来ないという事実がどーーーーーーーんっとあって、その上で、どこに居るのか?なら分からんでもないのだけど・・・

 もうなんとなく、開き直り始めているのに、半端な事を言われると辛いんのよ。

 毎日毎日考えていればなにがしかの結論にたどりつけると信じている。途中経過の今は、割とシビアな将来の事を知らせている。

 おそらく、来月、この記事を読めば、3ヶ月目はこーだったんだなと。。。対して盛り上がりもせずに通過するだろう。

 帰ってこない相手であることを、誰よりも私は分かっています。だから安っぽいセンチメンタルを語らないでください。居ないし、帰ってこないし、話すことも、聴くこともできない。
 悲しくて辛くても、すべての人に設定されたイベントで、今それと対峙している、偶々今の私がそこに居ると言うだけ。
 いつまでも、囚われては居られないの、現実はシンプルだ。ご本人様の所得半分の人間がどこまで彼の残したものを維持するかってーんだって、結構なチャレンジだ。
忘れるなんて事はね~けれど
薬飲んでだって、この世との帳尻合わせていかにゃなりません。

 君が私にかけた魔法がとける前に、ある程度の体裁を整える必要があるのよ。

 3月経ちました。1月目とも2月目とも違う、もっと、日常の、現実の、もう、イベントの後処理の、日常。

« 栗をむいたりしてたのは | Main | もがりの時間が終わりつつある »

Comments

 で、昨日は、お見舞とお目通りに参った次第。
 
 いい迷惑かもしれないけれど、他人とは思えぬ、なにやら糸のようなものを感じる、新しい命でした。

 喪失の悲しみに積極的に対抗しうる、最も説得力のある現象・・・なんだね~。

 お見舞いなんっていって、正直なところ、セラピーしてもらいにいったよーなもの。


 これから始まる一生が、恵まれたものでありますよう。心から祈ります。

Posted by: akizo | 2010.10.04 11:01 AM

きょううさぎのなかのうさぎは、友達は動揺しなかった。

Posted by: BlogPetのうさぎのなかのうさぎ | 2010.10.04 03:39 PM

The comments to this entry are closed.

« 栗をむいたりしてたのは | Main | もがりの時間が終わりつつある »