« トレーニング或いはセルフセラピー① | Main | もっかい がんばろー »

2011.01.18

セルフセラピー②誕生日は怖い

 年をとるのが怖いんじゃないですよ。

 年をとるのは楽しい。経験を積むことは、どんな内容でも大切なことで、どんな内容でも、時間は成長させてくれるわけだから。

 だけれども・・・

 おそらく、書けば昇華するから、それを期待する。だてに100万以上かてカウンセリングを受けてきたわけじゃない、書けば昇華して、この認知の歪みを修正できる。

 大勢の人が支えてくれるのに、この体たらくが申し訳ない

 
 さかのぼる。

 遠足の前日や、何かしらのファミリーイベントに激昂するハハオヤで、怒号の果てにケーキがパイ投げ状態になるので・・・いつも、怖かった。
 ケーキと蝋燭を見ると気持ち悪くなって、生クリームとイチゴが苦手になった。モンブランが好きと言うようにしていた。

 だから、ハハオヤが忘れていると、すごくホッとした。忘れていることも多かった。

 YMCAのキャンプでお祝いをされる、兄をうらやましいとも思ったが、「産まなきゃよかった」と聴かされていたから、そーいうものだと思ってた。

 12か13位のころから、家族か、親族か・・・「年を取らないよね」と言われるようになった。そうありたかった。

 中学の進級試験とかぶる日付でスルーされることが増えて・・・寂しいような気もしたが、おおむねホッとしていたような記憶がある。この辺りはボコボコ状態なので本当の、自分の気持ちを把握することも出来ない。

 でも時々、ケーキがあって、食べて…吐いた。死にたかった。

 純度の高い、自分そのものの評価が下される日のように感じるようになっていた…のだと思う。
 そして、それがよみがえって怯えてる。

 だれにも気づかれなければ、それ以上、評価が下がることはない。だから、その日が、誰にも気づかれないで、何事もなく、忘れられていたい。そっちの方がはるかに楽だから・・・その日だけでも消えたいと思っていた。

 ほっといてほしかった。忘れていてほしかった。

 相方が当日に居たことは半分あったかどうかわからない、でも、忘れることはなかった。それだけで充分で、別に一緒に居なくてもよかった。年をとっても良いんだなぁ・・・と思った。

 去年、私は仕事で外出していて、帰りに一杯よってこうっつーんで、飲んで帰った。

 家に帰ると、ブーブクリコのロゼのハーフボトル、ラズベリーのムース。「来年はフルボトルね」と言った。

 のばぐのかけてくれた魔法が切れかけている…。

 大勢の人が気にかけてくれているのに、どうにも、駄目で・・・申し訳ない。

 
 

 

« トレーニング或いはセルフセラピー① | Main | もっかい がんばろー »

Comments

21日だったっけか
ちょっと早いがおめでとさん
お互い歳喰ったモンだ

考えてみたら、家族以外の異性で初めて誕生日を覚えたのはあきぞうだった
確か当時、私の誕生日を覚えていないとは何事だ的な事を言われ、
もちろん恐らく冗談だった訳だけど、逆手にとってホントに覚えて
逆にイジり倒した事を思い出した

そういや、当時まだ出たてで割と高かったMD(ミニディスク)プレーヤを
誕生日だからMDやるっつーて、セガのメガドライブ渡してガチで怒られた事もあった気がする
アレはアレで良い物だったと個人的には思うんだが、書いててなんか悪い気がしてきた
あんときゃスマンかった

と、誕生日にまつわるちょっといい話を書こうとしたが失敗に終わった
まあ、今後とも末永くよろしく頼むぜ

Posted by: くすくす | 2011.01.19 02:38 AM

(^-^;ブリキの太鼓を連想してしまう日記だった。僕自身は、トラウマは乗り越えるものだと考えている。親に傷つけられない子供はいない。でもネグレクトされると辛いよね(涙)
トラウマはカウンセリング、セラピー、それをはき出す行為によって昇華されるという+の効果があるのは通説だが、マイナスの効果は無いのか?「苦痛を味わいながら子供時代に戻る」
思い出すという行為は、まるでプロメテウスの刑罰じゃないのか?。その疑問への回答が下記の本

『傷つきやすい子どもという神話 トラウマを超えて』 ウルズラ・ヌーバー ,岩波書店

興味があれば一読あれ・・・

Posted by: 虹戦士 | 2011.01.19 06:56 AM

あー、メガドラもらったわ~(笑)
こんな重いもん持ち歩けるかいっ!と突っ込んだ覚えはあるぞ。でも怒ってたわけじゃない。あくまで、ツッコミ。1年時でしょ、あん時は意気揚々だったなぁ、家族から距離的に離れてね、新しい環境でなにやら楽しかった。
 こういう経験してるから、ひきこもりにも人間不信にもならないでいるんだよ。ありがとう。もうずいぶん長いことありがとう。(苦笑)

 レインボーマン、そーいう考え方もあるよね。対立構造では無いとは思うけど、片方がある以上もう片方は必ず発生する考え方だね。
 私のケースでは、自分が囚われてしまう、自分がコントロールされてしまうものの原因を究明して、それがいかに不毛で無駄でばかげたものであるかを証明してやる。したらば、その囚われから解放される…という理屈だ(笑)

 でもって、ここに書いた時点で8割解消されているの。

 ブロウされる自分の中から出てきてしまう気持ちが、どうやら「おかしい」と気が付いた時点で、もうほとんど解消されているんだよね。それを伝える形をとってちょっと体裁を整えるなら、もうあらかた解消したってもんよ。

 さんきゅ

 
 いつもいつもこんなありさまなわけじゃもちろん無くて、時々モザイクのとれた部分みたいなのが出てきてしまうんだね。でもって、それを放置しては行けないと強く強く感じている。誰よりも強くならなければ(その思考が過剰なんだよ)と希望している。日当たりがいいぶん影の部分が暗いとでも思ってください。でもって、ほぼ正午。

 

Posted by: akizo | 2011.01.19 07:35 AM

The comments to this entry are closed.

« トレーニング或いはセルフセラピー① | Main | もっかい がんばろー »