« どうもあたまがとっちらかっちまって | Main | 八百屋のちょーべーさんは小学生ではない »

2011.02.07

現実的な世の中に

 事務方トップ(一人親方ともいう)が確定申告をせよとゆーので、医療費の領収書をごそごそとかき集めていた。

 諸々の書類はいくつかの箱に叩き込まれていて、それはパンドラの箱だから、なるったけ開けないでいたのだが・・・、折角きてくれるのに、書類の発掘から始めるのも申し訳ないので、ごそごそとごそとごそと集めてみた。

 のだが、


 風邪だと思っていたのは、去年の2月、2つの内科、耳鼻科色々通って分からず・・・3月になって、大学病院へ・・・

 領収書の日付は一日一日がものすごく重い。紛れも無い事実で、悪い夢でもないことが、日付と金額付きで思い知らされる。

 久しぶりに大声上げて泣いた。どうしようもなくなってしまう。人が集まるまでに収めなければと安定剤イッコ、で泣き寝入り。

 事務長登場時には全力で寝ていた。(爆)
 
 ちょこちょこ作業をするものの
 立春絞りがやってきて、酒量、いや終了。

 流石に、薬飲んで2,3時間で飲酒して、なにやら ぼんやり。

 ずっと、なにやら、ぼんやり。


 とはいえ、ずっとソレに浸っていた時間は過ぎたから、時々思い出して、ちと辛くなるぐらいで、おおむね通常通り。

 家の中でもジャンパーを着て、定位置に一日中座っていた。会社から帰って、会社に行くときと変わらず座っているのが、とても嫌だった。
「今日何してたの?」
「ぼーっとしてた」
それ以上は話す気も起きない。一日中宅急便を待っていた事もあった。すでに到着している荷物を待ち続けていた。
 その時はもう、体調が悪かったのかもしれない。「ぼーっ」としてるのが精一杯だったのかもしれない。

 思い出しても、もう泣いたりしない。


 ものすごい現実、髪の毛ほどの隙間さえないびっちりの現実。相続も、屋上の防水もガス管の取替えも、同じレベルの現実で容赦が無い。よろよろしてる場合じゃないのだ。

 薬のんで悲しみを散らしていいのかどうなのか、ようやく目が覚めてきたから考えている。 
 

 

« どうもあたまがとっちらかっちまって | Main | 八百屋のちょーべーさんは小学生ではない »

Comments

>立春絞りがやってきて
何処の?

Posted by: イボ | 2011.02.09 05:23 PM

澤の井

Posted by: akizo | 2011.02.10 12:25 PM

おお、ウチも3瓶ほど。
想像より味が軽かったかなぁ…

Posted by: イボ | 2011.02.10 06:46 PM

いぼんぬ。ここでは、おしさしぶしね。
アタクシ週末は、山陰の酒三昧ですのよ。おほほほほ。

菅名岳寒九仕込み飲みたい??
14日までの申し込みだから、ご要望があれば、よけーにかっとくー

Posted by: akizo | 2011.02.10 06:51 PM

よろしく〜

Posted by: イボ | 2011.02.10 07:10 PM

俺だって領収書の日付見るたびにしんどかったんだよ。

Posted by: 一人親方 | 2011.02.12 08:05 PM

The comments to this entry are closed.

« どうもあたまがとっちらかっちまって | Main | 八百屋のちょーべーさんは小学生ではない »