« 嘆く人への違和感あるいはアーカイブになる過程 | Main | 分析あるいは自問自答 »

2012.01.16

ぐちゃごちゃ

 動くのが億劫だったり、考えがまとまらなかったり、不調のソコが見えました。
 単に季節性のウツ気味。昨日がソコでしょう。

 
 

 若いチンピラにーちゃんの黒ベンツに追い掛け回されたのが、ジワジワと効いている。
 前日に、自宅前で人が倒れていたから、救急車を呼んだりしていた。

 状況が急に変わったわけじゃないが、もー護ってくれる人はいないんだなぁ~と沁みてくる。のぶがきいくじと一緒に居るようになる・・・前と、何も変わらんのだが、年齢的に、ごまかしが効かないのが困る。

 終わりなき日常など、手に入れたことが無い。毎日不安で孤独だ。なんて言うと、好きでやってるといわれるのだろう。別に好き好んでこーなったんじゃない。

 晩婚どころか非婚だ、恋愛をしない若者。なんてんが年末からポロポロと。対象範囲上限(ヤヤムリ)のこじまおもうに、急激に核家族化して、均一的な住宅に住み、母親は子に己の欲望を投影し、盗んだバイクで走り出しちゃう人たちはもうちょっとウエだけど、学校行っても、イジメられたり、受験だったり、かと思えばゆとりだったり。
 
 どっかの社会学者は「熱くなる」のが恥だから、セフレにはなるけど、恋人にはならない。と分析していたが、単に、恋愛幻想のその先にある、家族幻想の白々しい嘘を延々と見せられてきたから、ノれないんじゃなかろーか?
 夢に描いたことが無いことは実現できないわけじゃない?いつかはクラウンも、白いレースの一戸建ても、完璧に、世迷言と化した社会で、どないすんのよ?所得が100-200万へったらしーが、そのなかの、家族像ってーものの描き方が、やたらと難しくなっているから、結婚どころか、感情さえもてないんじゃなかろーか。

 後家のテーマは最近こんな風。言葉にするのが難しくて、まーセンシティブだし、ソーシャルには合わないのよね、対象者が特定されやすい(実際対象者など居ない一般論なのだが、ソーシャルは隣の人について語るように見えるでしょ)
 後家のテーマは、他者とのかかわりとは何でしょうね?愛するって何でしょうね?
 ブチッとそこから、切り離された根無し草は、ウチの人でなくなることで、割と冷静に考えられるのではなかろーかと、ひっそりと思っている。

 フロムなんぞ読んでなんか分からんかと思った時もあったがな・・・愛はこれほどに、人に必要なのに、なんで、愛をして動けんのだろうか・・・暴力や欺瞞を原動力に動くものがなぜにこんなに多いのか・・・
 
 暴力や欺瞞で人は動くものから、だから、あなたの神は「愛」を説いてるんでしょ?「愛」が手に入れにくい、非常に難しいものだから、それを必死に伝えたんじゃないの?


 そーですね。そーですね。

 愛は、実は何も救っちゃくれやしねぇ・・・気がついてしまったり、もう、そんなに、ヘラヘラして無くてもいいとおもったら、うつ対策の脇が甘くなって、サラっと持ってかれたり・・・。

 思い出したくないことが一杯あるんだ。一向に成長しない自分にも焦る。そんなご大層なもんじゃないが、やっぱり先は良く見えない。
 めったに手に入れられない珍しい日常を生きながら、一人では無い、日常を渇望している。そしてそれが、恐ろしくもーまったく、手に入れることが困難だということも・・・分かっている。

 トレイルつくるんで、歩いていたら、君と歩いたお散歩コースの、好きなお寺さんとか、神社とか、なぞの空き地とか、無くなっていて、ものすごいどーでもいー、宅地が造成されていて、この町は嫌いじゃないんだけど、もうなんか、ここに住んでいる意味が・・・桜も切られちゃったし、神社はビルになるし、もーなんか、まったく、無いんだよね。
 一年逼塞してたら、この町とのつながりも希薄になってきたしね・・・。


 


 

« 嘆く人への違和感あるいはアーカイブになる過程 | Main | 分析あるいは自問自答 »

Comments

The comments to this entry are closed.