« 春だし | Main | いい教師は自分で考えることを教えてくれた人だ »

2012.04.03

地震雷生肉放射線

 づーっと、
 づーーーーーっと、違和感を覚えていること。

 自分もはまったが、実際それ自体満足いく行動とゆーか結果幸せになるのを邪魔してるんじゃないかと思うこと。


 ゼロリスクってありえないじゃん。

 生レバーを子供や年寄りに食べさせたりしたいかいね?刺身だって食べさせない場合もあるでしょうよ?

 オカミがしゃしゃり出てきて規制するって センス ねー

 地震来るのはむっかしから分かってて、だから ほっとすぷりんぐわんだほー なんだしさ。
 地震着たら、津波もくるでしょ。

 でもコレばっかりはどにもならんことだね。

 あー、茨城の水田に落ちる雷は美しいよ。冷蔵庫とか洗濯機とかお釈迦になるけど。

 放射線。これはナーバスだな。お子さん方には注意したほうがいいとおもうんだが、私個人はもーどーでもいいや。もーどーでもいいや。だってその電気で生活してきたんだから・・・積極的に浴びようとは思わないが、海には申し訳ないが、恐怖心から他者を攻撃するようなことはしたくない。もちろん是正は必要なんだが・・・
 エスケーさんの線量計は支持してます。

 一寸先は闇なんだよね、神様の裁量であっちゅーまに人生終わらせたり、そーでなくても、怪我をしたり、患ったり。
 嵐は来るし、地震も来る。現役の大きな生き物である地球に住んでいるのだからそれはある意味当然。
 備えるのは大切だ。丸腰でいるよーになんていうつもりは無い。でも過剰に恐れても仕方ないんじゃないか。だってそういう造りの中で生きているんだから。

 恐れると漬け込まれる。オカミにどーにかしてくれなんて思うことは、やつらの思う壺だろう?大変だって大騒ぎして、為政者は証明できない結果を己の手柄にしたり、命令に従わせたりするんだから。

 ちょうど2年前の今頃、私のパートナーはガンで死ぬんだな。と思っていた。気がついちゃっていたんだけど、一回目の抗がん剤が効いてみたり、詐欺まがい(でも無いものもあったけど)の「ガンに勝つ云々」情報を読み漁り、すっかり自己洗脳、脳みそぱーぷりんになっていくわけ。

 人は必ず召されるんだ。神様の気まぐれだろーがなんだろーが・・・

 7つまでは神のうち。だっけ、それまでは人ではないのだから、いつもってかれてもおかしくない。だから、持って行かれても、そんなに嘆くな。大きな弔いはやるな・・・そんな内容だったよな。

 愛別離苦・・・なんて言いたかないが・・・それは本質でもあるじゃない。避けられないものでしょ?それを棚の上に上げて、日々の生活をしているわけじゃない?
 
 誰かにその責任を取らせよーとすることは、自分の権利も失ってしまうことじゃないのかな・・・
 生レバー食べられなくなることのお怒りをお見かけするに、生レバーだけじゃなくてさ、誰かどうにかしてよって、少しのリスクも嫌だよって、なんかそういう空気の結果の一つなんじゃないかいな。

 火事親父はどうにかなるけどさ、地震と雷はしかたねーんだ。

 生きていくならリスクは避けられん。そーいうもんよね。ねぇ。


« 春だし | Main | いい教師は自分で考えることを教えてくれた人だ »

Comments

The comments to this entry are closed.