« 社会的動物としてのアタシと多くの誰か | Main | »

2013.08.26

手紙あるいは音楽

 大昔の電子楽器は鉄製だから、やたらと重い。箱に入れっぱなしのYAMAHAD-70は、中身を見たことも無く。USのマークの入ったシールが張ってあるから、アメリカから帰ってきてからその中に入ったままであろうことが想像される。

 ガムテは劣化してビリビリ、中身がやたらと重いから、七転八倒して出してみたんだが、それからもどうにもならず。英語のマニュアルなんぞを見つけ出してひらいて終了。

 間から、便箋が一枚ぺろっと発見される。

 文面から、(一人称が小生だぞ)防大の同窓生のもの。
 内容は、2/20の結婚式へ、喜んで参加します。というものでずいぶん丁寧で、お空に行って、ヘリに乗ってるとか、そういう近況も含めて書いてある。

 ずいぶん若い奥様を見つけたとか・・・という下り。へ-へーそーだったんだ。知らんかったよ。
2枚目が見あたらない。

 小生さんすごく丁寧で、アメリカ生活の事などお尋ねなさる。


・・・。頭上には亡くなったとしの夏に大格闘してダンボール一箱に詰め込んだMIDIのケーブル。壁際に鎮座してるのは漬物石にもならんMIDI本体。それととてっちんのシンセサイザー。

 頭痛が治まっているから、なにやら無性に腹が立つ。

 クレジットカードをブラックにして裁判して別れた嫁さんとゆーのがいたらしい。クラウンワイフがほしかったのか?あーAMDのパンアジアの親分、なんか盛んに私にそういったわ。夢だ夢だ彼は夢を実現したんだと。(どーでもいいが、そやつも半年後にはきっくあうと)二度もすりゃ充分だろ。片やすれっからしだけどさ。でもクレジットカードは使い込まなかったし、君がいくら稼いでるのかさえ知らなかった。
 
 なにやら無性に腹が立つ。墓守コジマはなんなのさ。山と詰まれた、弾かない楽器、ベースとエレキギターは行くべきところに行ったが、12弦ギターなんて枕にもならんぞ。
ブルースハーププレゼントしたよねティファニーの。あれどこやった??

 で、君は一度も

 弾かなかった。

 カワイのメソッドがどんなに立派なものかは知らないが、カンターレで育てられた私には、絶対音感なんぞ興味は無いし、楽しむものが音楽だろうってそー思っていたから、延々とチューニングをして、オンサ鳴らしてブツブツやってるのが・・・・・・今は、バッカじゃない?!と言い切れたけど、当時はこっちは音楽止めた身だからね、言う権利もあるまいと黙っていた。
 ママさん(ピアノの先生)の言うカワイメソッドはどうにも肌に合わないし(超ドイツ系の理論理論ぎゃーぴー)、パパさんが入れ込んでいる第九の合唱へぇ~ぐらいで。(ところが、久しぶりにピアノを触って弾いたのは(通称)「喜びの歌」でビビる恐ろしい)

 こりゃだめだってんで、ライブには行かなくなり(一人で行ってたけど)音楽番組も見なくなった。(いちいち音がずれてるとか言うからしらける)、フォークソングは嫌いだし。チューリップとか前時代的すぎて蕁麻疹でそうだったし。(でもちゃんとお付き合いでライブに行ってるんだえらいだろ)。
 JEEPの音がFM横浜で固定して、ただ重いものが移動だけしていたんだな。

 君は何をしたかったの?

 潜水艦のソナーは音楽ではないねぇ、そういえば。

 で、15年ぶりに娑婆にでたD70は、キーは折れてるし、おしゃべりもできない。
台に乗せただけで、背中と腕が痛い。


 すーてーるーぞー。

 2枚目に何が書いてあるのだろ? 


あーすっきり。

« 社会的動物としてのアタシと多くの誰か | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 社会的動物としてのアタシと多くの誰か | Main | »