Posts categorized "旅行・地域"

2007.05.11

ほぁ【茶】ぁあ

 気合を入れてみました。
 中国茶 というと、酷く小さかった頃に、母の乳母やさん(大陸中国人)が、お正月(春節)のお茶だと、おちょこみたいな器に、真っ黒の酷く苦いお茶と、天目茶碗みたいな大きな器に明るいお茶を入れて、アラレ(ヒナアラレみたいに甘いもの)をどっさり入れてくれて出してくれた。そんなことを思い出す。
 大人になって、調べてみてもそのお茶の故事来歴は良くわからない。ただ、すごく重要なもということは、子供でも分かった。

 
 

 

Continue reading "ほぁ【茶】ぁあ"

| Comments (0)

2007.05.07

【美】台湾

 写真は、ビンロウ。東南アジアを代表するソフトドラッグ。
何で「美」かといえば、ビンロウもそのおめでたい形から、モチーフとして使われてきたから。







Continue reading "【美】台湾"

| Comments (117)

2007.05.06

行程@台湾

 旅人に必要なのは、丈夫な足と好奇心。強い胃袋・・・。
不覚にも胃炎を起こしていたオイラは、ちと弱気な旅の始まり。

 魅惑の台湾。行程はこんな感じ。

Continue reading "行程@台湾"

| Comments (0)

2007.05.05

台湾いてきたあるよ

初台湾。

 正味2日で、台北市内を歩き回って食い倒れ。
一番の驚きは、地球の歩き方が役に立つ事(爆)。相当に充実している。日本人に人気の場所だけに、台湾の情報収集はとてもラクチン。
 日本人にとって最も楽な外国じゃなかろか?
飯はうまいしねーちゃんはきれいだっ!
って訳で、多くの おっつさん方が通い詰める桃源郷って訳かいな・・・(憮然)
いや、あたしにとっても桃源郷。タイ人と結婚したなんちゃらという芸能人がハマる理由を八角(中華スパイス)と一緒に噛み締める。

 それにしても到着した当日の夜10時過ぎに、繁華街を20分歩いたって歌舞伎町の1/10も危険じゃない。すてきーっ。





Continue reading "台湾いてきたあるよ"

| Comments (0)

2007.05.03

【心】たおの国





 これは、行天宮直前の信号待ちの間に半ば強引に売りつけられた(失礼)お供えセット。(アヒルちゃんとコブタさんはお供えに含まれません)。

Continue reading "【心】たおの国"

| Comments (1)

2007.05.01

たいわんわんたんしょうろんぽう

 台湾!行って来るっ!明日の夜からUAでダッシュ!
でも日曜日が仕事だから、土曜日帰りの正味二日間のGWヤケクソツアー

Continue reading "たいわんわんたんしょうろんぽう"

| Comments (2)

2007.01.22

マナドで地震

 年末年始と、私をそれはもぅ楽しませてくれた、インドネシア スラウェシ島のマナド沖でM7.3の地震が発生した模様。
 プレートの関係で地震が多い地域ということは、地学的なアプローチで分かったけども、
 被害の状況は今のところ全然分からないわ。チェックできる媒体はCNNとWEB以外にないのだけど。

 津波で被害が出るだろう・・・という情報程度。スマトラのことから想像された情報だろうな。

シパタン(99年に島が襲われる事件が有った)の時も、情報が全然入ってこなかった。我々のフライトの前日に行方不明になった。アダムエアの消息も分からない。
聞き飽きたいらない情報ばっかりで、胸焼けがしてくる。

情報を手に入れても、祈る事しかできないのだけどね。
 

| Comments (0)

2007.01.15

【心】旅LOG@インドネシア

 マレーシア人は、いつもニコニコしていて温厚だけど、インドネシア人はそうじゃないから・・・(気をつけろ)

 と各方面から聞かされておりました・・・。が、所詮同じ人間。いや?インドネシア人、かなり 素敵。


Continue reading "【心】旅LOG@インドネシア "

| Comments (7) | TrackBack (1)

2006.09.25

天満天神繁昌亭

内緒のコトだけど、私は落語が好きなんです。
ポストモダニスト(?)を目指す身としては矛盾しているのかもしれないが、コイル式ラジオを作ったその日から・・・名人寄席で金馬の茶の湯を聴いたその日から。一番好きなお笑いは 落語。らぶ落語。あもーれ落語。

Continue reading "天満天神繁昌亭"

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.21

下北沢考

 昨夜は、久しぶりのライブで下北沢でした。
そう、下北沢は、ライブに行くか、芝居を見るかの町であります・・・。

Continue reading "下北沢考"

| Comments (3) | TrackBack (0)